【画像ギャラリー】『ワイルド・スピード』モデルやデロリアンも!!! 空前ブームのミニカーたちをギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│ブーム到来で売れ筋サイズに新規参入相次ぐ いまなぜミニカーなのか?

■MINI GT  Toyota Supra(JZA80)

MINI GTの主力製品のひとつがこのスープラ(A80)。カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色を用意。ボディライン、前後のライトやドアミラーなどの細部も忠実に再現。ハンドルも左右の選択が可能(MINI GTの特徴)

■MINI GT Honda Civic Type R (FK8)

スープラ(A80)同様人気なのが最新型のシビックタイプRだ。MINI GTのFK8はそのバリエーションの多さが特徴。ホワイトやレッドなどのカラーはもちろん、カスタムモデルも合わせて約20種類も用意されている

■MINI GT Nissan GT-R R32 Gr. A  #87 HKS 1992 Group A.

全日本ツーリングカー選手権で初シーズンにて全6戦優勝の快挙を達成したグループAのスカイライン GT-Rが近日中に発売される。MINI GTからはインパル 12号車、ハセミ1号車、1992年と1993年のHKS 87号車がリリースされる

■ドリームトミカ No.148 ワイルド・スピード/スープラ

ワイルド・スピード登場車。このスープラはファンから圧倒的な支持を得ている特徴的なマシン。本製品はカラーだけでなく、リアウイングやボンネットといったエアロパーツもリアルに再現している

■ドリームトミカ SP F9 The Fast Saga ワイルド・スピード/GR スープラ

ワイルド・スピード/ジェットブレイクに登場するハンのGRスープラが映画公開を記念して登場。公開は2021年4月に延期となったが、トミカは5月末に発売される予定。3作目に登場したRX-7をモチーフとしたと思われるカラーリングが目を引く

■ドリームトミカ No.146 デロリアン part.3

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3作目に登場する仕様のデロリアンもドリームトミカから発売されている。作品中で壊れたパーツをその時代のものに置き換えたことで特徴的な見た目となった3作目の仕様が細部まで再現されている

■トミカプレミアムRS Lamborghini Miura P 400 S

通常より大きい1/43スケールで展開のトミカプレミアムRSから、ランボルギーニ ミウラ P 400 Sが6月に登場。トヨタ 2000GT、日産 スカイラインGT-Rなども製品化しているトミカプレミアムRSは親世代必見のシリーズだ

■トミカリミテッド ヴィンテージNEO LV-N206a 三菱パジェロ ミッドルーフワイドVR(オプションパーツ装着車)1994年式(青/銀)

1990年代RVブームの中心的存在を担った2代目パジェロ。ルーフキャリア装着のバージョンが6月に発売される。また、専用カラーのパジェロにフィギュアと小物が付属のセットも発売予定だ

■ホットウィール 1098 スバル・インプレッサ 22B STiバージョン

WRCにて3連覇を成し遂げたマシンのロードバージョンとして開発されたインプレッサ 22B STi バージョンがホットウィールより登場。通常のインプレッサ WRXに対して幅広なボディや専用エアロなどが精巧に再現されている

■ホットウィール トラック・デイ #005 ダットサン・ブルーバード 510 Solid Maroon

レーシングカー仕様のラインナップを展開するトラック・デイから登場のダットサン ブルーバード 510。ミニカー本体のデザインは1970年の第18回サファリラリーで優勝した4号車の特徴的なカラーをベースとしている

■ホットウィール ジャパン・ヒストリックス3 ’85 ホンダ・シティ・ターボII

日本の名車がずらっと揃うジャパン・ヒストリックスからホンダ・シティ・ターボIIが登場した。デザインは無限が開発し、ボディワークはムーンクラフトが担当のワンメイクレース用テスト車が元ネタ

■ホットウィール ジャパン・ヒストリックス3 ニッサン・スカイラインRS (KDR30)

同じくジャパン・ヒストリックス3から登場したのがこの日産スカイラインRSだ。全日本ツーリングカー選手権や全日本耐久選手権を含む国内外のさまざまなレースで活躍したこともあり、R30は今でも人気だ

記事に戻る│ブーム到来で売れ筋サイズに新規参入相次ぐ いまなぜミニカーなのか?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ