【画像ギャラリー】世界的デザイナー山本寛斎とスズキがコラボ!! その軌跡を写真で振り返る!!


●記事に戻る|ありがとうKANSAI!! 稀代の日本人デザイナーとのコラボで生まれたスズキ車たち

山本寛斎氏。デヴィッド・ボウイやマイケル・ジャクソンの衣装もデザインした世界的デザイナーだ
さる7月21日、76歳で亡くなられた山本寛斎氏。世界的ファッションデザイナーとして活躍した寛斎氏がトータルコーディネイトを手掛けたスズキ車が存在した
1998年6月発売のジムニーKANSAIは、3代目ジムニーの最上級グレード「XC」をベースに内外装のコーディネートを行った
ボディサイドにはエンジン仕様と山本寛斎プロデュースを示すミリタリー調ステッカーを装着し、リアにはボディ同色のKANSAIロゴ入りのスペアタイヤケースが用意された
本革巻きステアリングやホワイトメーター、カーボン調インストルメントパネルなどに、寛斎らしさが遺憾なく発揮されていた
Keiの特別仕様車「Kei up to you KANSAI」は2001年11月、Keiの一部改良に合わせて設定された
おとなしいイメージの強いKeiを当時人気のあったアメリカンカスタム調に仕立てた。たった5点の外観パーツの変更だけで立派なカスタムカーへと変貌させていた
ステアリングやシフトレバーの操作系とシートやドアトリムでカラーコーディネートされていた。デニム調シートのステッチなど、各所に使われる差し色がスタイリッシュだ
本革巻きのステアリングとATシフトレバーが奢られた。ステアリングはブラックとブルーのコンビ仕様となり、デニム調のシートとドアトリムとのコーディネートが行われていた
第3弾かつ最後のKANSAIモデルとなったSUVの2代目「エスクード」に設定された特別仕様車「KANSAI」
車格を考慮したのか、KANSAIシリーズの中では最もシックなコーディネートかつ高級感を意識して仕上げられている
エクステリアは控えめで、装飾は限定的だ。オプションとして用意された存在感タップリのKANSAIロゴ入りのスペアタイヤボックス
ステアリングやATシフトノブ、トランスファレバーを本革巻き仕様とし、上質感を演出。色もシートと同色をコーディネート
エスクードはライトブラウンとグレーのコンビシートとブラウンの上質なファブリック仕様で、上級車のグランドエスクードには、同じ組み合わせの本革シートが奢られた
インテリアには寛斎氏がデザインした専用シート表皮とドアトリムクロスを採用。ステアリングやATシフトノブはもちろん、インパネやセンターコンソール、さらにフロアマットにも専用品が標準装着されている
ベストカーの取材で気を利かせてポーズをとってくれる寛斎氏。世界のKANSAIの素顔は意外とお茶目なのだ。感謝の言葉と共に、今はただ冥福を祈りたい

●記事に戻る|ありがとうKANSAI!! 稀代の日本人デザイナーとのコラボで生まれたスズキ車たち

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だし寂しいです。でも、中止になったのなら「誌面でやっちゃえ!」ということで、「ベストカー誌上東京モーターショー2021」を開催します! ベスト…

カタログ