【画像ギャラリー】サーキット生まれストリート育ち!? 新型マクラーレン 620Rの凄性能を写真で見る!!


●記事に戻る|日本初公開もすでに完売!? 幻の新型マクラーレン620R 驚異の超絶性能

マクラーレンの車両ではお馴染みの、斜め前方に跳ね上げて開くバタフライドア。周囲を威嚇しているようにも見える
オートモビルカウンシル2020の会場にて日本初披露された限定車マクラーレン620R。生産台数は350台。日本への導入台数は不明だが、すでに完売だということだ
マクラーレン 620R。高性能スーパースポーツというのは、なぜこうもセクシーなヒップラインをしているのだろうか
車体各所に装備されたエアロパーツがレーシングカーのDNAを感じさせる
ライトからフェンダーへの流れるような形状にも注目。速さへのこだわりが生む美しいボディラインだ
サーキット専用車から派生したモデルだけにかなりアグレッシブなスタイルだが、公道での安全性と事故の際の歩行者保護を考慮し、エアロパーツなどもエッジを丸めるなどの配慮が行われている
レース仕様であるベース車両とは異なりレギュレーションに縛られないことから、3.8LのV7ツインターボエンジンは最高出力620ps/7000rpm、最大トルク620Nm/3500rpmまで向上している
公道を走る市販車とはとても思えないストイックな内装。ドアからぶら下がった赤い帯は、体をシートに固定した状態でもドアを閉めることが出来るドアストラップだ
レーシングカーと同等の性能と軽量化を実現するため、フロアカーペットやグローブボックスも排除。さらにエアコンやオーディオシステム、ナビゲーションもオミットする徹底ぶりだ
除外されたエアコンやオーディオ、ナビゲーションシステムなどは要望に合わせて無償オプションで選択することもできる。なければ不便だが、付けたらコクピットの世界観を壊しそうで怖い……
ベースとなったレース仕様車が好成績を残しているところも人気の一因だろう。マクラーレンファンのみならず、世界中の自動車コレクターに注目される一台となるだろう

●記事に戻る|日本初公開もすでに完売!? 幻の新型マクラーレン620R 驚異の超絶性能

最新号

ベストカー最新号

連節バスも普通に走る京成バス特集 ほか濃密な最新バス情報を満載!! バスマガジン110号

バスマガジン Vol.110は11月27日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]では、京成バスを特集。人気の連節…

カタログ