【画像ギャラリー】なぜやめてしまうんだ! ホンダらしい「走りにこだわるHV」i-DCDを写真で見る

●記事に戻る|独創的なホンダ流走りのHV!! 「i-DCD」はなぜ主役になれなかったのか

ほとんどのホンダハイブリッド車がe:HEVに置き換えられてしまう中、i-CDCを採用するのは現行フリードなどごくわずかだ
7速DCT内にモーターを内蔵したというのがポイントだ。デュアルクラッチによりモーターの接続・切断が可能になり、同時に軽量・コンパクト化にもつながった
現行フリードではi-DCDが採用されている。次期型ではフィット同様e:HEVに置き換えられてしまうのか?(写真は、より走りが楽しめるモデューロX)
フリードと同様、ヴェゼルでもi-dcdが採用されている。2021年とも噂されているヴェゼルのモデルチェンジではどうなるのか目が離せないところだ
フィットでは現行の前クラスがe:HEVに置き換えられた。このままi-DCDは消えゆく運命なのか?

●記事に戻る|独創的なホンダ流走りのHV!! 「i-DCD」はなぜ主役になれなかったのか

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ