【画像ギャラリー】エースの名を冠しながらその生命を終えてしまったモデルはほかにも。「かつてのエースたち」をギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│惜別!! トヨタライトエース50年の歴史に幕 バン界を支え続けた「エース」の軌跡

■トヨエース(1954~2020年)

こちらは最終モデル

 初代がトヨエースを名乗ったのは1956年から。今年3月にダイナに統合される形でモデルライフを終えた8代目は、日野デュトロのOEM車。

■ミニエース(1967~1975年)

 パブリカバン・トラックと同じ800ccの2U-B型エンジン搭載(36ps)。1968年にバンモデルとワゴンの「コーチ」を追加。

■マスターエースサーフ(1982~1992年)

 トヨタ店専売車種として企画された。ワゴンモデルのみ。前期型は角型4灯ライトなど顔に特徴があったが、マイナーチェンジでやや個性が希薄に。

■ハイエースレジアス(1997~1999年)

 1995年登場のグランビアをベースに全長・全幅を詰めたモデルで、5ナンバーサイズ車。1999年のマイナーチェンジで車名からハイエースの名が消え、単にレジアスという名になった。

■ツーリングハイエース(1999~2002年)

 1999年のハイエースレジアスのマイチェン時にトヨペット店専売車として登場。エアロパーツの装着で3ナンバー専用車に。

■グランドハイエース(1999~2002年)

 グランビアのマイナーチェンジ時に登場した姉妹車。メッキのフロントグリルなど、グランビアを上回る迫力の外観が与えられた。

■レジアスエース(1999~2020年)

 ハイエースの姉妹車であり、写真は初代。今年4月に行われたハイエースの一部改良にともない、当時2代目だった当モデルは販売終了となってしまった。

■歴代ライトエースを振り返る

●初代 M10系(1970~1979年)

●2代目 M20系(1979~1986年)

●3代目 M30・40系(1985~1999年)

●3.5代目 R20・30系(1992~1996年)

●3代目後期 キャンプメイト

●4代目 R40・50系(1996~2007年)

●5代目 S402・412系(2008~2020年)

記事に戻る│惜別!! トヨタライトエース50年の歴史に幕 バン界を支え続けた「エース」の軌跡

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ