【画像ギャラリー】レクサスの小型スポーツセダンがビッグマイナーチェンジ! 新型投入が予告されたISを見る

●記事に戻る|実は希少なスポーツセダン!? レクサスが月販50台でもISをやめない訳

2020年6月、新型の投入が予告されたレクサスのスポーツセダンIS。販売も伸び悩む小型セダンをビッグマイナーチェンジによって存続させる
現行型のレクサス IS。コンパクトなスポーツセダンとしてデビューしたISだが、現行型は決してコンパクトではない。しかしライバルとなる外国車よりは小柄なのだ
現行型IS車内。ドライバーを包み込むようなシートデザインで「人馬一体」感を演出する。操作系をドライバーそばに集約することで操作性を向上させ、より一体感を高めている
新型ISでも現行型同様FRを継続する。車内スペースの面ではFFが有利なのは明白だが、利便性を越えたその先にこそFRのアイデンティティがある
新世代レクサスが走りに重点を置いたこともISが受け継がれた理由のひとつだ。大型車よりも小型車のほうが純粋な走りの魅力、一体感や操る喜びを感じやすい
この先ISクラスのモデルが消滅することはないだろうが、新型ISが最後のピュアFRスポーツセダンとなる可能性は充分にある

●記事に戻る|実は希少なスポーツセダン!? レクサスが月販50台でもISをやめない訳

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ