【画像ギャラリー】シートから見るあの車この車の乗り心地座り心地……本文未掲載のGT-Rやエクストレイルのシートも


●記事に戻る|布より革とはかぎらない!? 車のシート「素材」で変わる長短と意外な事実

トヨタ アイシス
トヨタ アイシスのジャージ素材シート。ジャージ素材は汚れがつきにくく、小さい子供を乗せるミニバンなどに向いている
スバル XV
スバル XVのトリコット素材シート。トリコットは滑らかで高級感があるが滑らかさゆえの滑りやすさが欠点か
トヨタ センチュリー
トヨタ センチュリーのモケットシート。高級感があるが生産に手間がかかるモケットは高級車にふさわしい素材だ
トヨタ カムリ
トヨタ カムリの本革製シート。高級感といった面では本革は布より一歩秀でているが、高温多湿の日本では夏場の蒸れがネックか
マツダ ロードスター(3代目)
マツダ ロードスター(3代目)のシート。舌を噛みそうなアルカンターラという名称はスエード調人工皮革の商品名だ
日産 エクストレイル
日産 エクストレイルの合成皮革シート。合成皮革シートは汚れを気にせず使え、エクストレイルのような本格SUVには最適だ
日産GT-R(2012年)
日産GT-R(2012年)シート。GT-Rには体が接触する部分の表皮を専用ハイグリップファブリックに変え、表皮素材でサポート性を向上したシートがあった

●記事に戻る|布より革とはかぎらない!? 車のシート「素材」で変わる長短と意外な事実

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年9月下旬ですが、クルマ界の動きは活発です。  注目のクルマのスクープ情報も続々と入っていきます。  10月26日号の巻頭スクープは、次期型ア…

カタログ