【画像ギャラリー】北京モーターショーで発表された最新画像も! ホンダ戦略のこれからをギャラリーでチェック!!!

記事に戻る│新型ヴェゼル来春!! 新SUV開発情報あり!! タイプR戦略どうなる ホンダの新車全情報

■ホンダe(2020年10月30日発売)

■オデッセイ(2020年秋・マイナーモデルチェンジ)

■CR-V PHEV(2021年年初 中国にて発売予定)

■Honda SUV e:concept(ホンダ エスユーブイ イーコンセプト・2020北京モーターショーで世界初公開・コンセプトモデル)

■次期シビックタイプR(2022年12月登場予想)

 2022年登場に向けて開発が進む次期型シビックタイプR。後輪をモーター駆動するハイブリッド4WDを採用することで、これまでとは次元の違ったタイプRの世界を作り上げる(画像はベストカーによる予想CG)。

■1Lターボ搭載 コンパクトSUV(2021年5月登場予想)

 新開発Bセグメントプラットフォームにより開発が進むコンパクトSUV。カテゴリー的にロッキー/ライズ、ヤリスクロス、キックスなどの激戦区に殴り込みをかけることになる。パワーユニットは国内向けには搭載されていない直3、1Lターボが搭載される計画。また、フィットにも搭載される1.5Lエンジンによるe:HEVもありそうだ(画像はベストカーによる予想CG)。

■新型ヴェゼル(2021年3月登場予想)

 人気のヴェゼルは基本的にキープコンセプトのモデルチェンジながら、よりスタイリッシュなコンパクトSUVを目指すことになる。パワートレーンはフィットなどに採用される1.5L NAと1.5L e:HEVの2タイプ。来年3月のデビューだ(画像はベストカーによる予想CG)。

■新型SUV(2025年登場予想予想)

 まだ企画段階ということだが、ホンダとしてはNSXのイメージを受け継ぐスポーツSUVの開発に前向きだという。ミドシップのNSXをそのままSUVにはできないので、パワートレーンはフロントエンジンハイブリッド、リアモーター駆動となる(画像はベストカーによる予想CG)。

■S660タイプR(2022年夏登場予想)

 ミドシップスポーツのS660はすでに充分すぎるほどスポーツカーだが、さらに軽量化を進め、切れ味鋭い走りの味を発揮する。あえて電動化はしないのもポイント(画像はベストカーによる予想CG)。

■NSXタイプR(2021年10月登場予想)

 NSXのタイプRに関してはさまざまなチューニングの方向性が試されているようだが、最も可能性が高いのが、あえてハイブリッドシステムを外し、3.5Lツインターボを600ps以上にパワーアップしたミドシップスポーツにするという計画。そう、GT3マシンがそうであるように、ピュアなエンジン車としての走りを追求するのだ!(画像はベストカーによる予想CG)

■新開発ミドシップスポーツ(2024年登場予想)

 一時期「S2000」などと報道された新開発ミドシップスポーツもタイプR戦略のひとつとして計画進行中。デビューは2024年か!?(画像はベストカーによる予想CG)

■ホンダ現行モデルのモデルチェンジ時期一覧

■ホンダ開発新体制の一覧

記事に戻る│新型ヴェゼル来春!! 新SUV開発情報あり!! タイプR戦略どうなる ホンダの新車全情報

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ