【画像ギャラリー】思わず胸が熱くなったあのクルマたち 歴代ボーイズレーサー列伝


■元気のよさが嬉しかった“オレたちのクルマ”たち

(TEXT/永田 恵一)

 歴代の日本車ボーイズレーサーを振り返ると大きくふたつのジャンルにわかれる。ひとつは現在のコンパクトカーに相当するスターレットやマーチなどのスポーツモデル。

 このクラスのスポーツモデルは過給機つきも多かったのに加え、1990年代までは動力性能にクルマが追いついていないものも少なくなかったが、それはそれで楽しかった。

 もうひとつはレビン&トレノ、シビック、ミラージュが御三家だった現在のCセグカーのスポーツモデルだ。このクラスのエンジンは1.6L NAが中心で、価格も乗り出し200万円といったところだったので、無理なく買えるエントリーカーでありながら、「リアドアがない以外これ1台でOK」という実用性の高さも魅力だった。

 近年のボーイズレーサーはコンパクトカーのスポーツモデルが基本で、モデルが減っているのは事実だ。しかし、現在でもやり方次第でいくらでも楽しめると思う。

記事に戻る│小粒でもピリリと辛い! 日本には今こそ「ボーイズレーサー」が必要だ!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ