【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。

 そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列シートSUV使い勝手選手権、クルマ版AO入試など独自の企画とともに盛りだくさんの内容でお送りする。

写真:日産


トヨタアルファードとヴェルファイア統合し豪華絢爛に

 3代目となる現行型アルファード/ヴェルファイアが登場したのは2015年1月。2017年12月にはマイナーチェンジを実施して安全装備の充実などを図っている。

 ここ数年は、日産エルグランドがモデルチェンジを実施していないことから、アルファード/ヴェルファイアの独り勝ち状態が続いていた。2020年の販売台数は両車合わせれば月販8000台を超えており、プリウス、セレナ、シエンタなどよりも売れている。

 当然トヨタとしては力を入れて次期型開発を行っており、デビューは2022年の計画だという。さらに、次期型からは、販売面で“強さ”を見せるアルファードへ車種統合を行う。

 新型アルファードの予想グラフィックとともにデザイン、スペックなどのスクープ班が掴んだ最新情報をお届け。

新型フェアレディZ プロトタイプ世界初公開!!

2020年9月16日に新型フェアレディZ プロトタイプが発表

 2020年9月16日に新型フェアレディZ が発表された。今回の公開は、“プロトタイプ”とはいうものの、内外装は完成度が高く、市販前提の最終プロトだという。

 今回発表されたプロトタイプのデザインは、51年前のS30こと初代フェアレディZを想起させながらも、現代流のモダンさを盛り込みつつ、“Zらしさ”を表現している。さらにリアコンビランプは4代目、Z32型をイメージさせる。

 ボディサイズは、現行型よりも大きく、全長4382×全幅1850×全高1310mmとなっている。ただし、全高のみ5mm小さくなっている。

 新型フェアレディZのデビューは2021年になるという。新型Zの美しい写真とともに、スペック、内装等を詳しく紹介していく。

 さらに、新型レヴォーグ&ヤリスクロス試乗のレポート、新型N-ONEなどの最新情報も合わせてお届け。

「水野和敏が斬る!! ハリアー&ベンツGLC」ほか独自企画を多数掲載

 デビュー以来高い人気を博している新型ハリアー。はたしてクルマとしての評価を水野和敏氏が分析したらどうなるのか? 同クラスサイズのメルセデスベンツGLCと比較して走りやクオリティを徹底的に評価をする。

 そのほか、「トヨタとホンダの中古車Web戦略」、「日本上陸が期待されるクルマの事前情報 輸入車予習室」、など、独自企画を豊富に展開するベストカー10月26日号は、本日より全国の書店・コンビニエンスストアで絶賛発売中!

ベストカー10月26日号目次

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ