※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ヴァレオの第3世代LiDAR、ステランティスの自動運転レベル3向けに選ばれる

配信元:PRTIMES

ヴァレオグループ

 2022年6月14日パリ発表: ヴァレオのSCALA 3が、ステランティスが2024年からさまざまな自動車ブランドの複数のモデルに搭載するLiDARとして選ばれました。ヴァレオの第3世代LiDARにより、これらの車両は自動運転レベル3の認定を受け、ドライバーは安全にハンドルから手を離し、道路から視線を外すことができるようになります。

 ステランティスのチーフソフトウェアオフィサーでトップエグゼクティブチームのメンバーであるイヴ・ボヌフォン氏は、次のように説明しています。

 「今日、ある車を他車と差別化するのは、車が提供する運転体験です。 ヴァレオの最新のLiDARを活用したレベル3自動運転ソリューションによって、より楽しい運転体験を提供し、ドライバーは移動中の時間を活用できるようになります。」

 ヴァレオのコンフォート&ドライビングアシスタンスシステムビジネスグループのプレジデントであるマーク・ヴレコーは、次のように述べています。

 「ステランティスとのパートナーシップにより、運転支援システムの新しい章が始まります。自動運転レベル3は、LiDARテクノロジーがある場合のみ実現可能になります。LiDARがないと、一部の対象物を検出することができないからです。このレベルの自律性では、非常に正確な認識機能を備えたシステムが求められます。 ヴァレオの第3世代LiDARであるSCALA 3は、第2世代の約50倍の解像度を備えています。このテクノロジーには独自のデータ収集機能が備えており、ステランティスの車に新たな体験への道を拓くでしょう。」

 ヴァレオの第3世代LiDARは、はるか前方にある対象物や目に見えないものも認識することができます。道路に落ちたタイヤや、反射率が非常に低い小さな物体など、人間の目やカメラ、レーダーでは検知できない150メートル以上先の物体を識別できます。点群によって車両周辺の3D画像を再現し、自動車システムとしてはこれまでにない解像度を実現します。これによりグラウンドトポロジーをマッピングし道路標示を検出できます。

 ヴァレオの第3世代LiDARは、運転をより安全にし、交通量の多い道路を低速や中速で走行する場合など、厄介な運転状況でドライバーが時間を有効活用できるようにします。これらの課題を解決することが、ステランティスとヴァレオのパートナーシップの中心です。このLiDARは、データ収集機能を通じて、ステランティスの顧客に新しいサービスを提供できるようにします。

 ヴァレオは、先進運転支援システム(ADAS)のグローバルなリーダーであり、世界で販売される新車の3台に1台がヴァレオのADAS製品を搭載しています。ヴァレオはまた、自動車規格のスキャニングLiDARを初めて量産したメーカーです。

 170,000台を超えるユニットを製造しており、この技術は500を超える特許によって保護されています。ヴァレオは、2022年2月に発表した「Move Up」プランによって、「ADASの加速」に注力することを表明しています。これは、モビリティを形成する4つのメガトレンド(電動化、ADAS、インテリアエクスペリエンスの再創出とライティングエブリウェア)の中心にある価値創造戦略です。

 テクノロジー企業であり、すべての自動車メーカーとニューモビリティプレーヤーのパートナーであるヴァレオは、モビリティをよりクリーンで、より安全で、よりスマートにするために、たゆまずイノベーションを行っています。 ヴァレオは、電動化の加速、ADASの加速、インテリアエクスペリエンスの再創出とライティングエブリウェアにおいて、技術的・工業的なリーダーです。

 モビリティの変革に不可欠なこれらの4分野は、今後数年間のグループの成長を推進します。 ヴァレオはパリ証券取引所に上場しています。 数字で見るヴァレオ:2021年、グループは173億ユーロの売上を記録し、OEM売上の12%を研究開発に投資しました。 2021年12月31日現在、ヴァレオは184カ所の工場、21カ所の研究センター、43カ所の開発センター、16カ所の流通プラットフォームを構え、世界31か国で103,300人の従業員を擁しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000131.000004446.html