※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ウェルビーイングに配慮したシート エアラインシートスペシフィケーション

配信元:PRTIMES

ベントレーモーターズジャパン

2022年7月6日

 ベンテイガ EWB の新しいエアラインシートスペシフィケーションは、これまで自動車に装着されたものの中でも先進的なシートです。

 

 22通りの調節が可能で、オートクライメート・センシング・システムと高度な姿勢調節技術により、ミュルザンヌ以来の最高級のリア・アコモデーションを提供します。

 後席乗員が7段階から希望する温度を選択すると、オートクライメートシートが乗員の体温と路面湿度を25ミリ秒ごとに0.1℃の精度で感知します。そして、暖房、換気、またはその両方を同時に行うかどうかを判断し、乗員を最適な温熱環境に保つことができます。

 また、姿勢制御システムは、カイロプラクターと共同開発したアルゴリズムにより、乗員の着座位置やツボを自動的に微小調整するシステムです。このシステムは、3時間にわたって6つの独立した圧力ゾーンに177の圧力変化を加えることができ、快適性を向上させ、移動中の疲労を最小限に抑えることができます。シート表面の形状を時間と共に微妙に変化させることで、身体のどの部分も長時間圧力に耐えることなく、常に快適に過ごすことができます。

 エアラインシートスペシフィケーションの初期導入率は50%で、ベンテイガ EWBはウェルビーイング機能の新しいベンチマークを示し、特別な旅をする人々に最も快適な体験を提供します。

オートクライメート

 シート表面温度感知システムを導入したエアラインシートは、乗客の接触面の温度と湿度を25ミリ秒ごとに0.1℃という驚くべき精度で常時測定するために開発されたセンサー群を搭載しています。

 乗客は7つの設定から最適な温度目標を設定することができます。センサーが測定したライブデータをもとに、乗客にとって最適な温度を実現するために必要なシートの暖房、冷房、換気レベルを決定します。初期段階では、シートは希望の温度を実現するために効率的に働き、シートヒーターとベンチレーションシステムを可能な限り早く作動させます。

 その後、設定温度を維持するためにシートの温度システムを微小に調整し、走行中も最適な温度快適性を維持するシステムです。実験では、人間は1~2℃の温度変化にしか気づきませんが、システムはもっと細かいレベルまで実際の温度を常にモニターしているので、乗客が自分で知る前にシステムが必要なものを知っているのです。ライブデータにより、乗客がその必要性を認識する前にシステムが作動し、快適性を維持するために手動制御を必要としない、インテリジェントで自律的な体験を提供します。

 オートクライメートシステムは、7つのセットポイント(ニュートラル+6つ)を持ち、背中やクッション部分だけに重点を置いたバランス調整も可能です。7つのセットポイントは直線的な間隔ではなく、この分野の主要な研究と組み合わせた広範な乗客テストから導き出されたものです。臨床データに基づき、以下のことが観察されました。

●75~80%の人が、ニュートラルなセットポイントである「0」ポジションを、調整なしで永続的に使用します。これは、さまざまな乗客や環境を対象とした試験で確立された、最適な快適性目標を実現するものです。
●15パーセントから20パーセントの人は、+1または-1の設定値を使用し(個人の好み)、その後システムを調整する必要はなく、目標温度をわずかに暖かくしたり涼しくしたりします。
●約5%の人は、特定の日の中間の時間帯に+2 / -2を使用し、目標温度をもう少し高くしたり低くしたりするようです。例えば、+2 は腰痛などで特定の暖かさが必要な場合に使用します。-2は、例えば体調が悪く、不自然に涼しい状態を希望する場合などです。
●3と-3は、通常の平均的な目標温度からさらに目標温度を移動させるために用意されています。テストでは、極端な気候条件や病気の場合、システムのバイアスが最適な目標温度からより大きなデルタを形成する必要がある場合にのみ使用されました。

 オートクライメートシステムは、既存のシートヒーター技術を利用していますが、新たにシートベンチレーションファンを開発し、従来のシステムよりも約80%多くの空気を動かすことができるようになりました。

 消費電力は現在のシートクライミング・システムより少なく、オートクライメート・モードでは、乗客が手動で作動させた場合に比べて、システム全体の消費電力が約40%少なくなっています。

ポスチュラルアジャストメント

 シートマッサージなどの疲労回復システムは数多く存在しますが、「ポスチュラル・アジャストメント」は、さらに一歩進んだ積極的な疲労回復システムです。空気圧を利用したソフトなゾーンで身体とシートの接触圧を微妙に調整することで、アジャスタブルシートにありがちな2次元的な動きを超え、3次元的なひねりでツボを刺激することができるのです。これらの動作は、長時間の車移動で不快感を感じるお客様に対応するカイロプラクターと共同で開発した複雑なアルゴリズムによって制御されています。

 ベントレーは、専門家であるコンフォート・モーション・グローバル (CMG)と協力して、科学的な空気圧による姿勢調整システムを開発しました。CMGは数年前から疲労予防の分野に取り組んでおり、医学的根拠に基づく研究試験を実施し、姿勢の変化が快適さと健康にもたらす効果を明らかにしています。

 座面の接触部に微妙な変化を与えることで、圧迫されていた身体組織が緩和され、他の部分には圧力がかかるようになります。これにより、身体の局所的な自然回復を促すことができるのです。姿勢運動は背中や手足の角度に小さな変化を生み、血流を増加させることができます。特に腰や下肢の不快感が軽減されるため、乗客はより長い時間、注意力と集中力を維持することができます。

 EWBエアラインシートは、シートコンタクトのプロファイルを最適化し、複雑なシート中間膜構造を採用し、車のシャーシと完全に調和するようにチューニングされています。EWBエアラインシートは、最適なシートコンタクト形状と複雑なシート間構造を持ち、車のシャーシと完璧に調和するように調整されています。

 アジャスタブルプロファイルは、お客様の体型に合わせて変形させることができます。また、レッグレストとフットレストを調整することで、お客様一人ひとりに合った快適な座り心地を長時間実現することができます。

 体重を積極的に支えることで、精神的なストレスや集中力の欠如につながる負担を軽減できることが、研究により明らかにされています。自然に体を支える姿勢は、緊張した筋肉からくるストレスを緩和することが分かっています。

 ベントレーエアラインシートスペシフィケーションでは、助手席の背もたれに、クッションと背もたれのボルスター調整、クッションエクステンション、電動ヘッドレスト高さ調整、展開式フットレストをさらに追加しています。また、こちら側の後席乗員は、「VIPモード」により助手席を前方に移動させることができます。

クラフトマンシップの下にあるテクノロジー

 エアラインシートは、オートクライメイトや姿勢調整システムとともに、ハンドクラフトのレザー表面の下に、驚くべきテクノロジーを搭載しています。12個の静音電動モーターは、シートだけで22通りの調節が可能。ユーザーは自分の体型に合わせて、また仕事や休息に合わせてシートを調整することができます。モーターには3つのインテリジェントな空気圧バルブ電子制御ユニットが加わり、モーターとバルブの組み合わせは、マスターシートモーション&ウェルビーイングECUによって管理されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000082456.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ