※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

Red Bull PowertrainsへのF1パワーユニットに関する支援について ~現行の支援を2025年シーズンまで延長~

配信元:HONDA

 HondaとRed Bull Group(レッドブル・グループ)の協議に基づき、Hondaのレース活動を運営している株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、Red Bull Powertrains※1(レッドブル・パワートレインズ、以下、RBPT)と2023年シーズンから2025年シーズンまでのFIA※2フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)参戦用のパワーユニット(以下、PU)に関する支援について合意しました。

 HRCはレッドブル・グループからHondaへの要請に基づきRBPTに対して2022年シーズンのF1 PUに関する技術的な支援を行っており、Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とOracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)はそのPUを搭載したマシンでF1に参戦しています。2023年から2025年の3シーズンについてもHondaに対してレッドブル・グループから支援の要請があり、両社で協議・検討を進めてきた結果、今回の合意に至りました。

 なお、HondaのF1参戦活動は2021年シーズンで終了し、F1 PUの開発に投じていたリソースは将来のカーボンニュートラル実現に向けた活動にシフトしております。上記の支援内容はPUの開発を伴わないため、現在のHRCのリソースで対応可能と判断しました。

  • ※1Red Bull Groupe(レッドブル・グループ)内でF1向けパワーユニットを製造する会社
  • ※2Fédération Internationale de lʼAutomobile(国際⾃動⾞連盟)の略称

レッドブル モータースポーツアドバイザー ヘルムート・マルコ氏のコメント

「これからも一緒に戦っていきたいという私たちの要請に対して、Hondaがいい形で応えてくれたことを本当にうれしく思っています。HondaのPUで2025年シーズンまで戦い続けられることはとても心強いです。我々はここまで素晴らしいパートナーシップを築いており、昨年はドライバーズ・チャンピオンを獲得することができました。今年も現時点でタイトル争いをリードしていますので、ドライバーとチームのダブルタイトルの獲得を目指して戦いを続けていきます」

レッドブル・パワートレインズCEO
兼 Oracle Red Bull Racingチーム代表 クリスチャン・ホーナー氏のコメント

「レッドブル・グループとHondaのパートナーシップは、ここまで多くの成功を収めてきました。現行のパワーユニットレギュレーションが終了する2025年シーズンまで彼らと一緒に戦えることを、非常にうれしく思っています」

本田技研工業株式会社 執行職 コーポレートコミュニケーション統括部長
兼 株式会社ホンダ・レーシング(HRC) 代表取締役社長 渡辺康治のコメント

「今回、レッドブル・グループから支援延長の要請を受けて2025年シーズンまでRBPTに対してHRCを通じてF1 PUに関する技術的な支援を継続することになりました。現行のレギュレーション下では2025年シーズンまでのPUを開発するためのリソースは不要ですので、現在のHRCの体制でもそのリクエストに応えられると判断しました。
四輪モータースポーツの世界最高峰カテゴリーにおけるレッドブル・グループのチャレンジをサポートするこの機会を通じて、HRCの人と技術を一層磨き上げてまいります」

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
http://www.honda.co.jp/news/2022/c220802.html

本田技研工業株式会社

所在地
東京都港区南青山2-1-1

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ