ウィラーの既存路線に乗り入れ停留所が増加!! ますます便利になってきたぞお~!!

ウィラーの既存路線に乗り入れ停留所が増加!! ますます便利になってきたぞお~!!

 WILLER EXPRESS は東京~仙台・福島線で「仙台駅東口(JRバスのりば)」と「南相馬バスターミナル」へ、大阪~広島線で「西条駅南口」への乗り入れを開始する。 これにより既存路線の乗降停留所が便利になる。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
(詳細写真は記事末尾の画像ギャラリーからご覧いただくか、写真付き記事はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBでご覧ください)

■「仙台駅東口(JRバスのりば)」乗り入れ開始

ウィラーの車両(イメージ)
ウィラーの車両(イメージ)

 東京~仙台・福島線では、これまで発着している「仙台駅西口(宮交仙台高速バスセンター前)」に加えて、要望が多かった「仙台駅東口(JRバスのりば)」にも一部の便が乗り入れを開始する。

 東北最大のターミナルである仙台駅において、高速バス乗車前や降車後の予定に合わせてバス停を選択でき利便性が向上する。

■「南相馬バスターミナル」乗り入れ開始

ウィラーのエアロエース(イメージ)
ウィラーのエアロエース(イメージ)

 東京~仙台・福島線の「南相馬バスターミナル」は福島県の浜通りエリア、常磐自動車道南相馬IC出入口すぐに位置し、当エリアに「WILLER EXPRESS」として初めて乗り入れを開始する。東京~南相馬間での夜行便は初の運行で、夜間移動ができることにより目的地での時間を有効に活用できる。

 これにより観光やビジネス利用で利便性が向上する。また「南相馬バスターミナル」にはパーク&ライド用の無料駐車場があり、南相馬市内や近隣在住者にも便利になる。

■「西条駅南口」乗り入れ開始

 大阪~広島線では、広島エリアで人口増加が続く東広島市で、これまで発着している「広島大学学生会館前」のバス停に加えて、東広島市の中心である「西条駅南口」にも乗り入れを開始する。

 大阪や神戸へ向かう際に広島駅まで移動する必要がなく「西条駅南口」から直接乗降が可能だ。学生や住民の観光やビジネス需要に応えることができそうだ。

■旧ツアーバス系高速バスのバス停事情

ウィラーのシート(イメージ)
ウィラーのシート(イメージ)

 ウィラーに限らず、旧ツアーバス系の高速バスはターミナル駅付近においても乗降場所がわかりにくく、使い慣れていない人には障壁になっていた。都市のターミナル停留所は近隣の路線を持っているバス事業者が停留所を設置して「駅前」や分かりやすいバスターミナルからの発着を実現している。

 ところが旧ツアーバス系の高速バスは付近に路線を持っていないので、駅やバスターミナルには入れず、駅から離れたところや独自に近隣に待合所を設置していた。いずれにしても駅から離れているケースが多く、発着地共に土地勘がないとわからない場所だった。

 最近ではウィラーが積極的にバスターミナルや駅前の停留所乗り入れを交渉したり、自前のターミナルを設置したりと、既存路線の停留所をアップデートしている。路線のアップデートはそのまま乗客のとっては分かりやすさと利便性につながるので、歓迎すべきことであることは言うまでもない。

【画像ギャラリー】ウィラーの既存路線で乗り入れ停留所が増加してさらに便利に!(3枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号