【デミオ、デリカD:5らディーゼル車】中古買い得ベスト5 不正問題の影響はあるのか!?


 日本でのディーゼルエンジン車は、ここ数年で選択肢が大幅に増えた。マツダはもちろん、ベンツやBMWだけでなく、プジョーやボルボなど、数多くの輸入車メーカーも、日本でディーゼルを売るようになってきた。

 VWやベンツの不正問題などもあったけれど、ディーゼルの中古車相場は変わっているのか!? そして、今買い得な中古ディーゼルはどれ!?

文:萩原文博/写真:編集部、BMW
ベストカー2017年9月26日号


中古ディーゼル車は値落ちが少ない?

 ガソリン車に比べて、新車価格の高いディーゼル車。中古車価格はどうなっているのかを調べてみた。

 2016年式のBMW3シリーズセダンで比較すると、新車時価格557万円の320d Mスポーツは、現在、中古車平均価格が415万円。

 いっぽう新車時534万円だった320i Mスポーツの中古車の平均価格は397万円。2車は新車時の23万円差が18万円差へと若干縮まっているものの、価格差は維持されている。

 ディーゼル車の値落ちは少なく、この傾向は以前からほとんど変わっていない。

不正問題もディーゼル車の中古相場は『横這い』

 メルセデスベンツのディーゼルエンジンの排ガス不正疑惑が報道されてから1カ月以上が経過した。

 そこで、報道後のディーゼルエンジンを搭載した中古車相場を調べてみると、横這いで推移している車種がほとんどだ。

 値落ちしているのは今年フルモデルチェンジを行った旧型のマツダCX-5ぐらいで、現在のところ報道によるディーゼル車の中古車相場への影響は少ない。

 現在、平静を保っているディーゼル車の中古車相場だが、ここでは人気の中古ディーゼル車をピックアップ。買い得度などを紹介したので参考にしてほしい。

次ページは : 注目の買い得中古ディーゼルベスト5