クラウンヴェルファイア中国発売 日本では…どうなの??

売れるからOK? ブランド切り売り?? クラウンヴェルファイア中国発売 日本では…どうなの??

 2021年4月の上海モーターショー2021で発表された「クラウンヴェルファイア」が、中国市場で発売開始となっている。アルファードが爆売れしている中国市場において、中国人の価値観をうまくくすぐっているこのクラウンヴェルファイアは、間違いなくヒットモデルとなるだろう。

 ヴェルファイアといえば、国内では、かつては兄弟車であるアルファードよりも人気のあったモデルだが、2018年ごろから、その様相は逆転。現在はアルファードに販売台数で圧倒的な差をつけられており、アルファードへの吸収もささやかれる、崖っぷちなモデル。

 そこで考えてみた。もしクラウンヴェルファイアが国内に投入されたら、以前のような人気は復活するのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】ド派手顔アジアナンバーワン!! クラウンヴェルファイア公式写真全公開


中国では、1500万円オーバーの超高級ミニバン

 クラウンヴェルファイアのベースは、30系ヴェルファイアハイブリッドE-Fourの後期型、7人乗り仕様であり、日本で製造したモデルを、中国輸出している構図となっている。つまり、メイドインジャパン製だ。

 クラウンヴェルファイアとしての特徴は、エクステリアだとフロントグリルにあるクラウンエンブレム、インテリアではインフォテイメント・モニターに出るクラウンのロゴ、といったところ。フロントバンパーやヘッドライト、リア周りのデザイン、ステアリングハンドルやインパネ、メーター、シート、などは、原則、日本仕様と同じである。

 7人乗りの2列目キャプテンシート仕様のみであり、後席で客人や家族をおもてなしする、面子(メンツ)を重んじる中国らしいグレードに特化しているとも考えられる。

中国で販売されているクラウンヴェルファイア。国内ヴェルファイアとの違いはフロントエンブレムのみ!?
国内ヴェルファイア
クラウンヴェルファイア。ステアリングホイールの上には、クラウンのエンブレムはなく、インフォテイメント・モニターに出ている。なお、中国市場向けなので左ハンドル車となる
国内ヴェルファイアのインテリア

 なお、クラウンヴェルファイアの現地価格は、839,000元~920,000元、日本円に換算すると約1421万円~1558万円となる。「ん!? 高くないか?」と思うかもしれないが、間違いではない。アルファードの価格も839,000元~920,000元と、まったく同じだ。

 冒頭でも触れたように、中国市場ではいまアルファードの人気が沸騰している。新車は入手困難で、真っ当に注文をしても相当な納車待ちがされているらしい(真偽は不明だが、予約金という位置づけで、プラスアルファの費用が必要、という情報もある)。

 想像だが、アルファードが手に入らず業を煮やしている中国の顧客に、クラウンヴェルファイアをどうぞ、ということなのかもしれない。

クラウンヴェルファイアは、全グレードが7人乗りとなる。面子のためには豪華な2列目シートが必須

国内では、意味がないどころか墓穴を掘ることにも

 仮に、クラウンヴェルファイアが日本導入されたとしても(※もちろん、中国市場の価格ではなく適正な価格で)、この中国で販売されているクラウンヴェルファイアのような「名前だけ」では、販売台数を伸ばすことはできないであろう。

 それどころか、逆に顧客の信頼を失うことにもなりかねない。中国市場では、「クラウン」が新しい高級ブランドの冠として通用するのかもしれないが、日本では、取ってつけたような名前に、価値を見出すことは考えられない。

 もし、日本で「クラウンヴェルファイア」を販売するのであれば、フロントマスクをクラウン似にしたり、車室内もクラウンをオマージュしたような豪華なデザインにする、くらいしなければ、クラウンと冠したところで、インパクトはまるでないだろう。

中国市場で「クラウン」を高級車ブランドの冠として意識づける戦略をとってきたトヨタ。だが、日本ではその戦略は通用しないだろう

次ページは : 「販売のトヨタ」はクラウンブランドの切り売りは絶対にしない