実録!! GR86購入者の本音 「私は〇〇だから86を買いました」

実録「私は〇〇でGR86を買いました」。GR86は乗り手を選ばないスポーツカーか?

 GR86の発売からから間もなく1か月。販売店での試乗車の準備も進み、ようやくGR86商戦が始まります。イベントで実車を見ただけ、あるいは実車を見ずに注文を入れた人がたくさんいるのは承知していますが、本格的に動き出すのはこれからです。

 GR86は2012年に登場した86の後継モデル。新たにGR(GAZOO Racing)の2文字を冠し、GAZOO Racing Companyがプロデュースするスポーツカーのワンブランドになりました。これはGRスープラやGRヤリスと同じ立ち位置。

 GRが展開しているモータースポーツ活動で得た知見をもとに開発されているわけですが、私は正直、このような立ち位置がユーザーに受け入れられるか、少し気になっていました。乗り手を選ばない敷居の低さが特徴だった86に対し、GR86はレーシングブランド直系に。敷居が上がったように感じられたからです。

 そこで私は今回、GR86購入者にアンケートを実施しました。アンケートと言ってもSNSを通じて呼びかけた小規模なもので、範囲は限定的ですが、筆者の心配は杞憂に終わったと感じました。

 なぜなら、86の時と同じように、モータースポーツファン以外のいろいろなユーザーが、GR86を購入していることがわかったからです。アンケート回答者のコメントを一部引用しながら、いろいろなユーザーに受け入れられている実例を見ていきましょう。

文/奥野大志、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】GR86へ乗り換えるオーナーが続々と!! 旧型86をギャラリーでチェック(14枚)画像ギャラリー

初代86からの乗り換えが進行中

 ある意味、最も上客と言えるのが86オーナー。アンケートに回答してくれた人のほとんどが86オーナーで、GR86の納車待ちの人たちです。GR86の発表以来、新型か旧型かで、ネットがざわついていた時期もありましたが、おおむね好意的に受け入れられているようです(86派も存在します。念のため)。

 乗り換え組の特徴は、長期にわたり1台(後期などに乗り換えていない)で過ごしてきた人たち。早い段階で注文を入れており、待ちに待った新型ということなのでしょう。

 「この先10年乗ることを考えたら、最後のガソリン車として買い替えることにしました。86にはたくさん思い出がありますが、経年には勝てません。GR86の進化は正統だと思います。泣く泣く半分、ワクワク半分の買い替えです」(AK鈴木さん、茨城県)

 「今の86の走行距離が10万kmを越えました。これからメンテナンスにもお金がかかると思いますし、GR86に乗り換えることにより安心感も得られると思います」(やっぱり海が好きさん、神奈川県)

アンケートで一番人気のボディカラーはスパークレッド、次いでサファイアブルー

86愛を温め続けてGR86購入に至ったケースも

 初代86を含め、初めてGR86を購入したユーザーもいます。みずきさん(大学生)は2012年の86誕生時から86に乗りたいと考えており、ちょうど購入を検討している時にGR86が発表され、タイミングよく契約に至りました。

 86にぞっこんの少年が、免許をとってすぐに86を購入したケースはこれまでもありましたが、みずきさんは86愛を貫いてGR86にたどり着きました。86のデビュー直後がそうだったように、購入者の年齢が高めになることが予想されるので、若いオーナーが増えるのは受け入れられている証拠です。

 「2012年の復活当時から乗りたいクルマで、購入を検討しているときにちょうど新型が発表されたので決めました」(みずきさん、富山県)

買い得グレードのSZ。初代のGTとGほどの人気差はなさそうです

次ページは : エンジンの2.4リッター化もウエルカム