日産セールスマンが見た「新型ノア/ヴォクシーvs新型ステップワゴンvs新型セレナの三つ巴の勝者は?」

ヴォクシー, ステップワゴン, セレナ, トヨタ, ノア, ホンダ, ミニバン, 日産

 話題のミニバン、トヨタの新型ノア/ヴォクシーは2021年12月に先行受注をスタートし、1月12日までの事前予約数は3万1500台と好調だ。

 対してライバルであるホンダの新型ステップワゴンは今年2月に先行受注をスタート、発売までに2万台を目標としている。日産セレナは年末頃にフルモデルチェンジとなる。

 このミニバン三つ巴販売競争の行方について、流通ジャーナリスト 遠藤徹氏が各社セールスマンの証言も踏まえながら予測、またそれぞれの魅力について紹介する。

文/遠藤 徹、写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】それぞれの長所/短所はどこ??? ライバル「ノア&ヴォクシー」「ステップワゴン」「セレナ」をギャラリーでチェック!(24枚)画像ギャラリー

■好調な滑り出しを見せたトヨタ 新型ノア/ヴォクシー

トヨタ 新型ノア/ヴォクシー。1月13日に発売。12月8日から1月12日までの事前予約実績は3万1500台と好調。今までハイブリッドモデルには2WDのみだったが現行モデルより4WDが追加された

 新型ノア/ヴォクシーは1月13日に発売したわけだが、昨年12月8日に事前の予約受付をスタートさせた。公表された月間販売計画はノアが8100台、ヴォクシー5400台、合計1万3500台だった。

 これに対して1月12日までの事前予約実績は3万1500台と月販計画の2.3倍強であるから、まずは好調な滑り出しといえる。

 昨年12月上旬現在時点の納期は今年3~4月(ガソリンNA車3月、ハイブリッド車4月)であったのが、今年1月下旬現在で6月とさらに先送りとなっている。

 発売1カ月後には5万台以上に達する見通しとなっている。現在までのところはノアとヴォクシーの受注割合は6対4と、ノアがリードしている状況にある。

 新型ノア/ヴォクシー好調の要因となっているのはトヨタの新しいクルマ作りの考え方である「TNGA」を採用した新開発のプラットフォーム、クォリティアップ、使い勝手の向上、最新のデバイス採用によるトヨタセーフティセンスの進化、1.8Lハイブリッドに従来の2WD車のみに加えて4WD車を設定、エクステリアデザインではフロントマスクを中心に各々さらに強い特徴分けをしたことなどが挙げられる。

■ホンダ ステップワゴンは2万台の先行受注達成を目指して値段や車両詳細を少しずつ公開

 これに対して新型ステップワゴンは昨年12月にアウトラインを公表し、最近までに少しずつ商品内容を明らかにしているが、2月4日には先行受注をスタートさせた。

 正式な発表、発売は5月末になる見込みである。発売までに2万台の事前受注台数達成を目指している。

 新型ステップワゴンの価格はエアーのガソリン車が299万8600円(2WD)/324万600円(4WD)、ハイブリッド車が338万2500円(2WD)で、スパーダのガソリン車が325万7100円(2WD)/347万7100円(4WD)、ハイブリッド車が364万1000円(2WD)。

 プレミアムラインはガソリン車が346万2800円(2WD)/365万3100円(4WD)、ハイブリッドが384万6400円(2WD)。

 これ以外に8人乗り仕様で金額が異なるほか、オプション装備や諸費用が加算された価格が総支払額となる。

 現在までわかっている商品概要は、全車の全幅を1750mmと3ナンバーサイズに拡大、クォリティアップ、使い勝手の向上、安全対策強化、前モデルで売りのひとつとなっていた「わくわくゲート」を廃止し、リアデザインの改善、パワーユニットは1.5Lターボ&2Lハイブリッドを継続、ハイブリッドは引き続き2WD車のみで4WD車の設定はない、などとなっている。

 シリーズ構成は標準が「エアー」、上級&スポーツは「スパーダ」でスパーダのさらに上級バージョンとして「スパーダプレミアムライン」を設定する。

 このスパーダプレミアムラインは昨年末に生産中止になったオデッセイの代わりになる上級バージョンで2列目シートにシートヒーター、オットマンを装備、タイヤはエアー&スパーダの16インチに対して17インチを履いている。

次ページは : ■唯一シリーズハイブリッドを搭載する日産 セレナは4WDを追加しフルモデルチェンジへ

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ