最新警察車両が大集結!! 2022年パトカー&警察車両大展覧会


 2022年6月10日金曜日、早朝から国立競技場や絵画館周辺にゾロゾロと警察官や警察車両が大挙して集まってきた。大事件でも起きたのか!? 実はコレ、毎年行われている警視庁の行事で、「部隊出動訓練」というもので、さながらパトカーをはじめとした警察車両の展覧会の様相だ。

 本来ならば毎年1月初旬に「年頭部隊出動訓練」という名称で行われており、本年は1月7日に開催予定だったが、都内が異例の大雪に見舞われ、延期日であった11日も雪の影響のため延期が決断された。そして5カ月ほど経った6月10日、ようやく開催されたのである。この訓練の目的や規模、どのような内容なのかを追ってみた。現地より速報をお届けしよう。

文・写真/有村拓真

【画像ギャラリー】最新警察車両が大集結!! 2022年パトカー&警察車両大図鑑(11枚)画像ギャラリー

神宮外苑に警察車両133台が大集結!! なにが起こった!? その目的は?

 部隊出動訓練とは、「職員の心身の鍛練と士気の高揚を図り、首都治安維持の万全を期するため(年頭)部隊出動訓練を行う」と警視庁の紹介ページに記されている。本年は警察官約1655名、車両133台、警察犬14頭、騎馬8騎が参加した。警視総監をはじめとする幹部らが見守る中、早朝の大行進が行われるのである。

 この訓練が初めて行われた正確な年は不明だが、昭和24年(1949年)3月には当時の皇居外苑で、自治体警察発足1周年総監観閲式が行われ、さらに昭和26年(1951年)1月には警視庁機動隊分列行進が行われているため、このあたりから現在の部隊出動訓練や、機動隊観閲式が始まったものと思われる。

 また、平成29年(2017年)1月には、神宮外苑一帯がオリンピック開催に伴う工事を開始した関係で、会場を江東区夢の島訓練場で実施したことがあったが、基本的には神宮外苑の絵画館前で行われている。そして、令和2年(2020年)1月の年頭部隊出動訓練を最後に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止が続き、本年は2年ぶりの訓練開催となったのである。

圧巻!! 警視庁の虎の子、特注オープンカーで警視総監が参加部隊を点検

 警視総監らが部隊を点検することを巡閲(じゅんえつ)と呼んでいるが、会場に集結した部隊は数が多く、広範囲に存在するため、オープンカーを使用して行っている。

巡閲を行うオープンカー。これだけの数が勢ぞろいするのは圧巻である。年代物のビュイックリビエラやキャデラックSTS、さらには70系クラウンのオープンカーなど、総勢12台が集結。いずれもワンオフのスペシャル改造車だ

 このオープンカー軍団には警視総監をはじめとする幹部らがそれぞれ乗車するが、その数なんと12台!! しかも年代物のキャデラックフリートウッドやSTS、ビュイックリビエラ、さらには日産セドリック(430型前期後期、Y30型ブロアム前期後期、Y31型)トヨタクラウン(70系、120系、130系ハードトップ)などの車両が、幹部らの巡閲をサポートしている。このメンツだけでもものすごい迫力である。

 しかもどの車種もベース車にはオープン仕様が存在しないため、特注でオープン仕様に架装されたレア車ばかりである。外装・内装ともにピカピカで普段から大切に手入れされている印象だ。いつまでも長生きして欲しい車両が勢ぞろいしているのであった。

機動隊や女性隊員、警察犬、そしてパトカー、白バイ、特殊車両などが堂々の行進!!

 約1655名の警察官が行進するその姿は圧巻である。第一機動隊を先頭に、10個ある機動隊が行進する。さらにマシンガンを携行し、テロ対処任務にあたる銃器対策部隊や災害発生時に活躍するレスキュー部隊、東京国際空港警備隊、総理大臣官邸警備隊、女性警察官特別機動隊、鉄道警察部隊、警備犬と警察犬からなる警察犬部隊などが行進する。

新たに配備された220系クラウンパトカーも数を増やしつつある。この2台はいずれも交通機動隊に配備された、いわゆる「交パ」だ

 打楽器で軽やかに演奏される「ピーポくんのうた」が聞こえてくると、次は車両の行進が始まる。8騎の騎馬隊を先頭に、各交機などから集結した白バイ部隊の行進だ。この中には2020東京オリンピック・パラリンピックや東京マラソンでも活躍しているBMWの電動白バイも行進しており、静かな走行音が印象的だ。それに続くのは交通取締用パトカーである。フェアレディZパトカーや、今年配備されたばかりの220系クラウンパトカーも参加していた。その後は自動車警ら隊の210系クラウンパトカーが続く。

 そして機動捜査隊の捜査用覆面パトカーやスクーター、現場で捜査方針などを打ち合わせるための現場本部用バスも行進する。続いて要人警護の際に活躍する覆面パトカーである警護車の行進だ。レクサスLS460や200系、210系クラウン、そしてランドクルーザーの面々だ。レクサスとランクルは防弾架装されており、警護任務中に要人の乗車する車両が走行不能に陥った際などには、要人をこれらの車両に乗せて速やかに安全な場所に退避させることを想定して防弾仕様の車両が配備されている。

マシンガンを携行する銃器対策部隊員。防弾チョッキな防弾ヘルメットなど10kg以上ある装備を身に着けている。テロ鎮圧などでの活動を念頭に置いた部隊である

 警護車のあとは機動隊の車両が続く。機動隊のバスや、サミットなどの大規模警備の際に活躍するトイレカーや現場で温かい食料を提供できるキッチンカー、暴徒鎮圧のための放水車や、テロ事案に対処するための特型警備車、東日本大震災の福島原発の対応などを教訓に配備された放射線防護車、災害用のショベルカーやホイールローダーなど、普段日常生活を送るうえで見たことのないような車両が多数行進していた。たまたま居合わせた一般の方も「警察がこんな車両をたくさん持っているなんて考えたこともなかった」と驚いた様子だった。本来ならばヘリコプター4機も参加予定だったが、天候不良のため中止となった。

【画像ギャラリー】最新警察車両が大集結!! 2022年パトカー&警察車両大図鑑(11枚)画像ギャラリー