新型クラウンも!? ランクル&アルファードにモデリスタ付ければリセール爆上がりってマジ!?

新型クラウンクロスオーバーモデリスタ仕様

 ランクルやアルファードなど人気車種はリセールバリューも凄まじいことになっている。今や新車の納期が長く中古車価格が右肩上がりとなっているが、それよりも前からこの2台は超高いのだ。一方でまことしやかにモデリスタのフルエアロを装着している個体はもっと有利になるとささやかれているが、これってホント!?

文:佐々木亘/画像:TOYOTA

【画像ギャラリー】新型クラウンの迫力がヤバい! モデリスタエアロをイッキ見(7枚)画像ギャラリー

■モデリスタだけじゃない! トヨタの純正エアロは全3種類も

 トヨタの純正オプションとして展開されているエアロパーツには、3つの種類がある。用品の中心はトヨタ自動車が取り扱っている「トヨタ純正用品」だ。様々な種類の用品を製造していて、外装パーツではガーニッシュや、小型のスポイラー等がメインとなる。

 エアロパーツなどのドレスアップパーツの中心核を担うのが、トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが取り扱う3つのブランドだ。走りへのこだわりをプロフェッショナルな視点で追及するのが「TRD」である。ドレスアップ用途以外にも、空力や車両の保護など、実走行時に役立つ機能を付帯させた製品が多くラインナップされているブランドだ。トヨタモータースポーツを具現化した「GR PARTS」も近年人気のブランドになった。スポーツモデルのカッコよさを、標準車にも付け加えられる、新しい特別なブランドへ成長している。

 そして心を揺さぶるエモーショナルなデザインを発信するのが「モデリスタ」。大ぶりなエアロパーツ形状になっており、メッキパーツなどできらびやかに加飾されたエアロパーツは、見る者を魅了する。トヨタ純正エアロといわれたら、TRD、モデリスタ、GR PARTSにトヨタ純正部品を加えた4種類があることを、覚えておいてほしい。

■アルファードは4~50万円も下取り価格アップ!! 十分元はとれるゾ

アルファードはモデリスタだけでも3種類のエアロをラインアップ!!

 例えばアルファードの場合、エアロパーツはモデリスタとTRDの2ブランドで用意されている。モデリスタではフロントスポイラーを2種類、サイドスカートが1種類、リアスタイリングキットはスポーツマフラーとリヤスカートを組み合わせたものと、マフラーカッターとリヤスカートを組み合わせたものの2種類だ。

 フロント・サイド・リアがセットになったモデリスタエアロキットは、229,900円~258,500円(塗装済み)で別途約4時間分の取付工賃が必要となる。(塗装済品の用意が無いボディカラーでは、別途塗装費用が必要)TRDは、ハイレスポンスマフラーが取り付けられ、塗装済の部品価格はセットで434,500円だ。(別途取付工賃が必要)

 気になるのは中古車になった時に、エアロパーツがどの程度の価格差を生むかということだろう。一例として、2019年式のアルファードSCパッケージ(走行距離3万キロ程度)のクルマで比較する。

 中古車販売価格は、フルエアロ装着車が、エアロ非装着車よりも40万円~50万円程度高くなっていた。販売価格の約半分で買取評価されることを考えても、十分に装着費用を取り戻すだけの価値はあるだろう。純正エアロに、リセールバリューを高める効果は期待できる。

■フルセットでなくても下取り有利! 売却後に販売店が追加で取り付ける場合も

モデリスタやTRDといった純正エアロは査定時に超有利になるケースが多々

 モデリスタやTRDなどのエアロパーツへの評価は、トヨタ販売店で下取り(買取)をしてもらう際に評価が上がる。GR SPORTを含めたこれらのエアロパーツは「純正エアロ」として扱われ、査定時のプラス評価が大きくなるのだ。(ちなみにTOM’Sは、社外エアロとして扱う販売店が多い。)

 トヨタ販売店が取り扱う「トヨタ認定中古車」とする場合、その保証は装着されたパーツに対しても及ぶことがある。そのため、出来るだけ純正パーツで揃えてもらったほうが、トヨタ販売店としても安心して売ることができ、販売しやすい。だからこそ、査定時の評価は、社外エアロよりも高いのだ。

 またエアロパーツは、何もフルセットでなくてもいい。フロントだけ、リアだけといった、一部分だけでもしっかりと評価されることとなる。前はモデリスタで後ろはTRDといった異色の組み合わせでも、評価は「マル」だ。

 特にアルファード・ランドクルーザーといった、高残価が売りのモデルや、人気カテゴリーのSUVでは、エアロパーツ付中古車の売れ行きが良い。販売店によっては、再版する際に、エアロパーツを付け加えて展示場に出すケースもある。

 「純正」エアロであれば、無駄な投資になることは少ないはず。新車・中古車問わず、購入時にカタログ掲載のエアロパーツを注文することは、十分に車両価値を高める選択になるということだ。

【画像ギャラリー】新型クラウンの迫力がヤバい! モデリスタエアロをイッキ見(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ