フェアレディZ、スイフト、レクサス…今味わうべき現行NAエンジン車 6選


手頃な価格でも楽しめる! 国産NAエンジン車

■86/エンジン:水平対向4気筒・1998cc、最高出力:207ps/7000rpm、最大トルク:21.6kgm/6400-6800rpm ■ロードスター/エンジン:直4・1496cc、最高出力:132ps/7000rpm、最大トルク:15.5kgm/4500rpm

86とロードスターもNAエンジン搭載のスポーツカーだが、この2車は「手の届くスポーツカー」としてコストコントロールされている。エンジンはともに量産型エンジンに手を加えたものだから、ベースエンジンが電動化されようが派生モデルとしての存続は可能。そういう意味では生き残りに不安はない。

ただ、ベースエンジンが量産ファミリーカー向けだから、スポーツカー用のエンジンとしてはちょっとパンチ不足。今以上のパフォーマンスを目指すには、NAのままでは限界がある。

例えば、ロードスターの姉妹車アバルト 124スパイダーは、同じ量産エンジン流用でもダウンサイズターボだから、ちょっと癖のあるドライバビリティが面白い。今以上のホットバージョンを作ろうとした場合、NAエンジンの限界に突き当たるかもしれない。

逆に、当分絶滅の恐れがないNAエンジンとしては、低価格志向の量産ファミリーカー用が一番安泰だ。

欧米に比べると、日本は平均速度が低く移動距離が少なめ。こういう交通事情で使うには、ダウンサイズターボよりNAエンジンの方が燃費でもコスパでも優っている。

■スイフト/エンジン:直4・1242cc、最高出力:91ps/6000rpm、最大トルク:12.0kgm/4400rpm(RS)

シンプルで低コストに作られた車でも、乗ってみると意外にファン・トゥ・ドライブだったというケースはままあって、最近ではスイフトの「1.2RS」が秀逸だ。

エンジンは何の変哲もない1.2L(91ps/12kgm)だが、4気筒ゆえのスムーズさで6000rpmまで綺麗に吹き上がり、ちゃんと5MTが用意されているから限られたパワーを思いのままに操る楽しみもある。

しかも、車両重量800kg台という軽量設計で、ハンドリングも軽快かつナチュラル。ワインディングを走らせたら、ロードスターに負けないくらい面白い。NAエンジンの楽しさを、いちばん経済的に味わえる車といえる。

これぞ唯一無二! 替えが利かないNAエンジンは?

■ランドクルーザー/エンジン:V8・4608cc、最高出力:318ps/5600rpm、最大トルク:46.9kgm/3400rpm

先に、大排気量NAエンジンの将来は暗いと述べたが、他に代替が利かないところには大排気量NAエンジンが使われるケースもある。

典型的なのはランドクルーザーで、絶対的な信頼性とタフな踏破性を追求した結果の4.7L・V8エンジンには、誰も文句のつけようがない。

これは、いくらディーゼルに逆風が吹いてもトラック用ディーゼルが無くならないのと同じ理屈。多少燃費効率を上げたところで、これまで培ってきた信頼性を犠牲にしては何の意味もない。ランクルの場合、普通の車とは技術の優先順位が異なるのだ。

◆  ◆  ◆

 世界の潮流は電動化に向かっているとはいっても、電動化の通用しない分野はまだ数限りなくある。そんなところでは、今後も広く内燃機関が使われるだろうし、絶滅危惧種のNAエンジンだってしぶとく生き残ってゆくんじゃないでしょうかね。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ