快適性か!? 趣味性か!? 国産車 vs 海外高級車 下剋上決戦!!!

 N-BOX、フリード、アルファード。いずれ劣らぬ国産の人気車たちだ。評価だってもちろん高い。

 しかし、いかに国内の人気を誇り、絶好調の売れ行きを見せようとも、BMWやメルセデスといった海外の名門ブランド車たちに打ち勝つのは難しい。なにせ価格からして段違いなのだからこれはもう仕方がない……と思いきや、日本車の創意工夫や使い勝手は、時に海外の高級車たちを黙らせる力を秘めているらしい。

 さて、ではこれらの日本車たちは、どこなら世界の高級車たちとわたり合えて、どこが(いまは)叶わないのか? 自動車ジャーナリストの清水草一氏に比較してもらった。

※本稿は2018年9月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年10月10日号


ホンダ N-BOX vs ルノー トゥインゴ

【価格帯】N-BOX:138万5640〜208万80円/トゥインゴ:177万〜239万円

趣味性は低くてもN-BOXに勝機あり!?

 この勝負、小さくて使えるクルマという部分で比較すれば、言うまでもなくホンダN-BOXの大勝利です。下克上、達成〜!

 でもそれじゃちょっと、トゥインゴがかわいそう。だってトゥインゴのウリは実用性じゃなく趣味性だもん。ファッションモデルとお相撲さんが、相撲で勝負をつけるみたいなもんじゃないでしょうか。

 でもまぁ、実際に相撲(実用性)で戦えば、文句なくN-BOXの勝利なんだけど。

 なんせトゥインゴはRR(編集部註:リアエンジン・リアドライブ。車体後部のエンジンで後輪を動かす方式)。RRは根本的にスペースユーティリティで不利だ。リアのラゲッジは床面が高く、そのぶん狭くなるし、じゃフロントフード下に荷物が入るかって言ったら、まったく入らないし。N-BOX対三菱iを実用性本位で比較するよりカワイソーな感じで泣けてくる。

 さらに室内の広さ、特に後席の足元の広さなんか、オトナと子供の戦い。お話にならないほどのN-BOXの大勝利。

 それでいてボディサイズは、全長、全幅ともにトゥインゴのほうがかなりデカい。自動ブレーキ系もトゥインゴにはナシ。最小回転半径だけはRRのトゥインゴが大健闘、勝利を収めているが、その差は20cmでどっちも充分小回りが利く。

 この戦いはむしろ、N-BOXが横綱で、トゥインゴはそこにオシャレ感や趣味性の高い走りで果敢に戦いを挑む前頭、という構図ですな。

 それでもまぁ、値段を比較すると、トゥインゴのほうがかなりお高いので、お安いN-BOXの大勝利は、下克上といえば下克上。おフランスの負けを潔く認めよう。トレビア〜ン。

【N-BOX GLターボ ホンダセンシング】

全長3395×全幅1475×全高1790mm/車重980kg/エンジン/直3DOHCターボ 658cc/最高出力・最大トルク/64ps・10.6kgm

【トゥインゴ インテンス】

全長3620×全幅1650×全高1545mm/車重1010kg/エンジン:直3DOHC ターボ897cc/最高出力・最大トルク/90ps・13.8kgm

【N-BOXの下克上達成度は?】100点(……だが、トゥインゴへの情状酌量により85点)

トヨタ アルファード vs メルセデスベンツ Sクラス

【価格帯】 アルファード:335万4480〜750万8160円/Sクラス:1140万〜3360万円

日本一のミニバンが異分野の巨人に挑む!

 この2台を比較する時、高級車とは何ぞやという哲学が問われる……なんつって。つまり、従来型高級車の非常にわかりやすいカタチがSクラスで、アルファードはそこに、かなり別の価値観で殴り込みをかけている。

 たとえれば、Sクラスは名のある高級フレンチレストランで、アルファードはちょっと高級な個室居酒屋か。どっちが居心地がいいかは、乗る人の価値観にゆだねられるが、アルファードのコスパの高さは、Sクラスにとってもある意味脅威だ。

 料理の味はブッチギリでSクラスのほうが上。加減速やコーナリング性能、乗り心地、音や振動、シートの作り、素材の高級感などなど、あらゆる面で比較にならない。まったくもってまるっきりの大差がある。

 左右スライドドア対4ドアセダンというだけで、ボディ剛性にはすごい差が出るし、車高&ヒップポイントの高さを見ても、アルファードくらい高かったら、どうしたって左右のゆさぶりがデカくなる。つまり、高級車の命ともいえる乗り心地の快適さで、まったく勝負にならない。

 運転席に座ってステアリングを握るとなったら、その差はもはや、乗用車対ダンプカーくらい巨大なものになってしまう。ヘタな乗用車よりダンプカーのほうが快適やんけ! というご意見もあるでしょうが、どっちを運転したいかといえば、そりゃもう100対1くらいでSクラスだ。

 しかし、しかししかし。パッセンジャーシートで移動するだけならば、アルファードに軍配を上げる人は決して少なくなかろう。

 なにしろ空間的余裕が大きく違う。特に頭上空間の差は大きい。運転しないなら、動力性能なんてそんなにこだわるもんじゃないし、コーナリング性能も、横Gかけなきゃあんまり関係ないし、素材の高級感だって、値段の差を考えれば順当ともいえる。

 とにかくアルファードの2列目の快適さは、例えば渋滞に巻き込まれた時などに限定すれば、明らかにSクラスを上回る。やっぱ見晴らしいいし、空間的に広いから !

 最後のカギを握るのは価格だ。アルファードは約335万円から750万円。対するSクラスは、最低1140万円する。ぶっちゃけ、3倍くらい違うわけですね。

 これだけ値段が違えば、「個室居酒屋で靴脱いで、ムレた足をスースーさせながらくつろぐ」というほうを選ぶ人はかなり多いはず。特に都市内移動時のパッセンジャーとしての評価なら下克上は成し遂げられるであろう。うむうむ。

【アルファード エグゼクティブラウンジ】

全長4945×全幅1850×全高1935mm/車重2150kg/エンジン:V6 DOHC3456cc/最高出力・最大トルク/301ps・36.8kgm

【Sクラス S600ロング 】

全長5255×全幅1900×全高1495mm/車重2290kg/エンジン:V12 OHCターボ5980cc/最高出力・最大トルク/530ps・84.6kgm

【アルファードの下克上達成度は?】66

ホンダ フリード vs BMW 2シリーズ グランツアラー

【価格帯】フリード:188万〜272万8200円/2シリーズ グランツアラー:393万〜494万円

3列目の快適性が名門ブランドを打ち負かす!?

 言うまでもなく、プレステージ性やらブランド力では、フリードがBMWにかなうはずはないが、実(実用性)を取れば、断然フリードの下克上達成である。

 なにはともあれスペースユーティリティに関しては、日本のミニバンやハイトワゴン軽にかなうクルマなど世界中でも存在しないが、なかでもフリードとシエンタはその筆頭格。このサイズでこの広さは本当にスゲェ! シートアレンジの多彩さも、ハンパじゃねぇ!

 それでいてフリードクラスなら、ムダに広すぎる感もなく、ひとり乗車でもそんなに寂しくない。

 フリードに比べたら、2シリーズグランツアラーの3列目の出来など、まったくもって勝負にならない。それでいて全長は30cm長いんだからもー! まあBMWだししようがないけど。

 もちろん、アウトバーンを走るなら、2倍以上のお金を払ってでもグランツアラーを買う価値はあるが、正直グランツアラーはデザインもカッコ悪いし、せっかくBMW買うなら、別のモデルにしたくなりませんか? フツーに3シリーズとか。

 フリードの、特にハイブリッドモデルは、DCTを採用しているので、エンジン回転の高まりとか、ホンダらしい回りたがるエンジンフィールもそれなりに味わえるし、足の感じも悪くない。日本でファミリーカーとして使うなら、圧倒的なフリードの勝利。勝負にならないぜ!

【フリードG  ホンダセンシング】

全長4265×全幅1695×全高1710mm/車重1430kg/エンジン:直4DOHC1496cc/最高出力・最大トルク/131ps・15.8kgm

【218d グランツアラー 】

全長4565×全幅1800×全高1645mm/車重1610kg/エンジン:直4DOHC Dターボ897cc/最高出力・最大トルク/150ps・33.7kgm

【フリードの下克上達成度は?】95

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ