いま最も品薄のSUV!! カローラクロスの何がそんなに人を惹きつけるのか?

いま最も品薄のSUV!! カローラクロスの何がそんなに人を惹きつけるのか?

 広い室内空間と、都会的で上質な内外装デザイン、レジャーから街乗りまで幅広く対応する、トヨタ「カローラクロス」。いまこのカローラクロスが大人気だという。

 ただ、一昨年から続くコロナ禍等による影響で、現時点(1月初旬)では新規受付停止という状況であり、いまは、欲しくても注文すらできない状況。「手に入らない」となると、どうしても欲しくなるのか、すぐに手に入るカローラクロスの中古車を求める方が増えており、この影響で、走行距離の少ないカローラクロスの中古車の相場が、同車の新車価格を上回るという異様な人気ぶりとなっている。カローラクロスの何がこれほど惹きつけるのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUBARU、DAIHATSU、SUZUKI

カローラ登録台数の半数以上がカローラクロス

 カローラシリーズの直近4年の年間登録台数は、2019年が第4位(104,406台)、2020年は第3位(118,274台)、2021年は第2位(110,865台)。2022年も第2位(120,346台)←※1/10に確定 という状況。この登録台数は、ご承知のように、カローラ(セダン)、カローラスポーツ(ハッチバック)、カローラツーリング(ワゴン)、カローラクロス(SUV)の4車種に加え、継続販売されているカローラアクシオ(セダン)、カローラフィールダー(ワゴン)という6車種の合算値だ。単独モデルで戦っている他車種から見ると、ある意味「ズルい」ともいえるが、コロナ禍が直撃した2020年以降もカローラは販売台数が大きく崩れることがなく、毎年10万台以上が売れ続けていることは、やはり凄いことだ。

 カローラクロスデビュー当時のトヨタの月間販売計画では、カローラ(セダン)が1700台、カローラツーリングが5400台、カローラスポーツが2300台、カローラクロスは4,400台という割合であったが、直近のディーラー情報だと、カローラの登録台数の約半数がカローラクロスだそうで、カローラクロスのなかでも、ハイブリッド(しかも最上級Zグレードの2WD仕様)が8割以上だという。「カローラクロスは価格の安さが魅力」と常々主張してきた筆者としては、安いガソリン車や、お買い得なミドルグレードのほうが好まれると予想していたが、意外な結果であった。

トヨタの自動車流通に詳しい某ディーラー担当者によると、カローラクロスハイブリッドの最上級「Zグレード」の2WDが一番人気だという
トヨタの自動車流通に詳しい某ディーラー担当者によると、カローラクロスハイブリッドの最上級「Zグレード」の2WDが一番人気だという

次ページは : ハイブリッドかつ、ひと通りのオプション装備がついて299万円

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ