スズキ社外取締役に元女子マラソン「高橋尚子」氏が就任! 五輪金メダリスト&国民栄誉賞ランナーが一番似合うスズキ車って?

スズキ社外取締役に元女子マラソン「高橋尚子」氏が就任! 五輪金メダリスト&国民栄誉賞ランナーが一番似合うスズキ車って?

 スズキは2023年2月7日、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子氏を社外取締役に迎え入れる人事を発表した。今年6月の株主総会で正式に就任予定だが、そんな高橋尚子氏にふさわしいスズキ車は何か? 現行および歴代モデルから勝手に予想してみた!

文/伊達軍曹、写真/SUZUKI、STARTS、ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部

■どのスズキ車が高橋尚子さんに似合うのか? それが問題だ

2000年シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストにして国民栄誉賞受賞者の高橋尚子氏。2022年6月からSTARTSの社外取締役も務めている(写真:STARTS)
2000年シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストにして国民栄誉賞受賞者の高橋尚子氏。2022年6月からSTARTSの社外取締役も務めている(写真:STARTS)

 スズキは2022年2月7日、五輪マラソン金メダリストの高橋尚子さんを社外取締役に起用する人事を発表した。

 この件についてネット上では「Qちゃんに自動車ビジネスのことがわかるの?」とか「スズキは社外取締役制度をナメてるのか!」などと、主には批判的な意見が飛び交っている模様だ。

 だが、こう言ってはなんだが“ビジネス”のことなどどうでもいいというか、本件は外野がいちいち口を挟むべき問題ではないと思っている。

 真の問題はこれだ。

「高橋尚子さんに似合うスズキ車はどれなのか?」

 高橋尚子さんの現在の愛車が何なのかは知らないし、そもそもクルマをお持ちなのかどうかもわからない。だが社外とはいえ「スズキ株式会社の社外取締役」になったからには、Qちゃんはスズキのクルマに乗るべきだ。いちおう。そしてその際には、できれば「高橋尚子さんに似合うスズキ車」を選ぶべきなのだ。

 Qちゃんによく似合うスズキ車を、ひたすらカッコよく乗りこなすこと。それもまた「社外取締役 高橋尚子」に課せられるべきミッションのひとつであろう。

■現行車ならまずはソリオバンディットであろう

ソリオバンディット。コンパクトクラスのトールワゴンで抜群のスペース効率を誇っており、ノーマルのソリオよりもワイルド系の雰囲気が魅力だ
ソリオバンディット。コンパクトクラスのトールワゴンで抜群のスペース効率を誇っており、ノーマルのソリオよりもワイルド系の雰囲気が魅力だ

 で、いろいろと考えてみると……まず最初に思い浮かぶ「高橋尚子さんに絶対似合うスズキ車」は「ソリオバンディット」だ。ご承知のとおり、コンパクトトールワゴンであるソリオの「ちょいワイルド系なやつ」である。

 高橋尚子さんといえば、愛称はQちゃん。そしてバンディットといえば思い出されるのが1981年の英国映画『バンデットQ』(※編註:ファンタジー映画。製作総指揮はビートルズのジョージ・ハリスン氏)であるため、Qちゃんにはピッタリなのではないか? と思う次第だ。

 ちなみに映画の原題は“Time Bandits(タイムバンディッツ)”で、邦題に付いているQは「なんとなく語呂がいいから」というだけの理由で、日本の配給会社がテキトーに付けたらしい。

 そして高橋尚子さんのあだ名がQちゃんになった理由も、「リクルート時代の陸上部の歓迎会で、アルミホイルを全身に巻いてオバケのQ太郎の歌を歌って踊ったから」という、割とテキトーなものであるとのこと。ということで、ここにおいても両者の親和性はけっこう高いため、よりいっそう「バンディットはQちゃんに似合う!」と思うのである。

 とはいえテリー・ギリアムが監督した映画「バンデットQ」はいささかマイナーであるゆえ、あの映画が大好きな筆者以外の人にとっては説得力が低いかもしれない。またバンディット(Bandit)とは強盗・追いはぎ・山賊を意味する英語であるため、「社外取締役が山賊になるのかいかがなものか?」という意見も出るだろう。

次ページは : ■それならワゴンRスマイルもいいんじゃね!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!