スズキ ジムニーがSUV界で1位!? 今買える視界良好クルマ11選

スズキ ジムニーがSUV界で1位!? 今買える視界良好クルマ11選

 クルマの視界の良し悪しは安全性に関わる。クルマの視界とは安全性やデザイン性、快適性にも関わる、なかなか厄介な部分なのだ。とはいえ視界の良さはやはり重要。ここでは乗ってみて外の眺めのよい「視界良好」なクルマを集めてみた。

※本稿は2023年1月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年2月10日号

■視界の悪いクルマが多いSUVだが例外はあのクルマ!

視界のいいSUVのナンバーワンはジムニー。四角いフォルムでボディの四隅がつかみやすい
視界のいいSUVのナンバーワンはジムニー。四角いフォルムでボディの四隅がつかみやすい

 大半のSUVは海外向けの3ナンバー車で、視界の悪い車種も多いが、軽自動車のジムニーは例外だ。日本の悪路を走るために開発され、サイドウィンドウの下端を低く抑えた直線基調のボディは、視界が抜群にいい。ボディの四隅もわかりやすい。ロッキー&ライズも貴重な5ナンバー車で、視界も優れている。

 コンパクト&Cセグハッチバックは全般的に視界がよく、特にパッソはウィンドウの下端が低く周囲を見やすい。ボディも小さくて運転しやすい。車内の広い主力車種では、フィットもピラーの太さを工夫した。外観も水平基調で視界が優れている。

 ミニバンはセレナが1位だ。サイドウィンドウの下端が低く、特に前側を下げたから、左前輪付近を歩く背の低い歩行者も発見しやすい。2~3列目に座る同乗者も、視界が広いので快適だ。車内の雰囲気も和やかになり、ドライバーもリラックスできて安全運転に役立つ。シエンタも視界を向上させた。

■小さいクルマのほうが視界はいい?

視認性がよくないクーペやオープンカーだが、そのなかでマツダ ロードスターは視界がいい
視認性がよくないクーペやオープンカーだが、そのなかでマツダ ロードスターは視界がいい

 セダンではカローラアクシオが最もいい。サイドウィンドウの下端を低く抑えた水平基調のボディで、セダンでは唯一の5ナンバーサイズだ。四隅もわかりやすく、セダンでは一番運転しやすい。スポーツセダンではWRX S4の視界がいい。高性能と運転のしやすさを両立させた。

 クーペ&オープンは全般的に視界が悪いが、ロードスターは少しクラシックな外観によって視界がいい。2シーターだから、運転席で後ろを振り返ると、リアウィンドウが近く後方も意外に見やすい。

 軽自動車ではアルトが1位だ。サイドウィンドウの下端が低い小さなボディは、運転席から顔を出して後ろを振り返ると、後輪が視野に入る。日本で買える乗用車では、視界が最も優れ、運転しやすい。ミラトコットもアルトの次に視界がいい。

次ページは : 【番外コラム】視界のよし悪しの見分け方は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!