新車よりも高い中古!?? それでも欲しい人へ! ジムニーの得する買い方と売り方とは

新車よりも高い中古!?? それでも欲しい人へ! ジムニーの得する買い方と売り方とは

 クロスカントリー性能を追求した軽自動車という、唯一無二の個性で世界中で人気のあるスズキ「ジムニー」。特に現行型は2018年のデビュー直後から、人気が爆発し長い納車待ちが発生。現在も(スズキ販売店に電話で問い合わせてみたところ)早くとも1年は待つことになるという(ジムニーシエラも同等)。

 そうなると、中古車で探そうとなる人も多いだろうが、物価高騰が続いているいまは、少しでもお得な方法で入手したいもの。いますぐジムニーに乗りたい!! という方に向け、JB64ジムニーの賢い買い方、得する売り時をご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI

高いリセールを狙うならば、「XC」の4速AT車を選ぶべし!!

 中古車に限ったことではないが、クルマを購入する際にリセールのよさを考慮すると、購入時の金額から下取り額を引いた額(つまりそのクルマを使用している間に消費する金額)を下げることができ、お得にカーライフを楽しむことができる。

 現行型のJB64ジムニーには、上級仕様の「XC」、ミドル仕様の「XL」、エントリー仕様の「XG」の3つのグレードがある。それぞれに5速MTと4速ATが設定されており、全車4WDだ。車両税込価格は、XC 4ATが190万円、XL 4ATが178万円、XG 4ATが165万円となる(いずれも、2023年3月中旬時点の価格。5MTはそれぞれ約10万円安い)。

 売れ筋グレードは、上級仕様の「XC」の4AT車。XCには、オートレベリング付LEDヘッドランプやLEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチアルミホイール、クルーズコントロール、ヘッドランプウォッシャー、ステアリングオーディオスイッチ、助手席バニティミラーなどが装備されている。インテリアにも、本革巻ステアリングホイールやステアリングオーディオスイッチ、メッキ加飾(インサイドドアハンドル等)など、装備が充実。ボディカラーで、ブラック2トーンを選択できるのはXCのみだ。

 XC以外を選ぶと、鉄ホイールになったり、ウレタンステアリングホイールになったり、メッキ部分がプラスチックになったりと、他のクルマだと当たり前な装備がはぎとられた、簡素な仕様となる。実際、業者向けの中古車オークションに流れてくるJB64ジムニーは、9割近くがXCで、4速ATも約8割と大半を占める。競技志向や業務で使うといった特別な目的がないのであれば、XCのAT車がテッパンのグレードといえる。そのため、高いリセールを狙うならば、人気の高いXCのAT車グレードを狙うのが正解といえる。

JB64ジムニーの最上級グレード「XC」は、5MT車が税込180万4000円、4AT車が190万3000円。装備が充実したお薦めモデル
JB64ジムニーの最上級グレード「XC」は、5MT車が税込180万4000円、4AT車が190万3000円。装備が充実したお薦めモデル

次ページは : 低年式でも相場は高いが、狙うは2022年7月以降の後期型ジムニー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!