中国のフラッグシップ「紅旗L5」のスケールがスゴイ! 日本市場ではどうなのか…

中国のフラッグシップ「紅旗L5」のスケールがスゴイ! 日本市場ではどうなのか…

 中国の要人専用車として知られる「紅旗」。2021年には日本上陸を果たし話題となったブランドだが、フラッグシップとなる「L5」の新型が上海モーターショーでお披露目された。1億円はくだらない中国最高級車の詳細をチェック!!

文、写真/加藤ヒロト

■中国最初の自動車メーカー「第一汽車」は今年70周年を迎える

中国要人にも長年愛用されているブランドとして知られる「紅旗」。2021年には日本上陸を果たした
中国要人にも長年愛用されているブランドとして知られる「紅旗」。2021年には日本上陸を果たした

「紅旗」とは、中国建国初期から数々の中国要人に愛されてきた伝統の高級車だ。展開しているのは1953年に誕生した中国初の自動車メーカー「第一汽車」で、今年70周年を迎える。

 紅旗自体は第一汽車誕生から5年後に第一号車「CA72」が完成され、紅旗ブランド自体も今年65周年を迎える記念イヤーとなる。長らく「中国要人専用車」とのイメージが強かったはずだが、ここ十数年の間でより一般購買層向けの商品ラインナップも拡充している。

 また、海外展開も積極的で、2021年2月には日本市場に上陸、大阪市内にショールームもオープンさせるまでに至っている。もちろん、業界全体における昨今の電動下トレンドにも追随しており、ハイブリッドや電気自動車はもちろん、プラグインハイブリッドや燃料電池車なども展開しているブランドとなる。

 現在の紅旗ブランドにおける商品ラインナップは、大きくわけて3系統が存在する。

 まずは、初代紅旗である「CA72」やその後継車「CA770」の流れを汲む、保守的なデザインが特徴な「Lシリーズ」だ。「Lシリーズ」は紅旗における最上級のラインなナップとなり、中でもそのトップに君臨するのがセダンの「L5」だ。これ以外に2022年には高級SUV「LS7」もラインナップに加わった。

 二つ目のシリーズが「Hシリーズ」と呼ばれる、紅旗の伝統を受け継ぎながらも、より一般購買層に向けて展開されるシリーズだ。日本に初めて上陸したモデルはセダンの「H9」だが、それもこのHシリーズにおける旗艦ポジションを務めている。

 また、最近ではミドルサイズセダン「H5」のフルモデルチェンジや、クーペセダン「H6」を新たに発表するなど紅旗全体の中で一番アクティブな商品群となる。もちろんSUVも揃えており、コンパクトSUV「HS3」、ミドルサイズSUV「HS5」、ラージSUV「HS7」、そして純電動SUV「E-HS9」という形になる。

 そして最も新しいシリーズとなるのが「Qシリーズ」だ。よりビジネスライクな商品群となるこのシリーズは、2021年に登場した純電動セダン「E-QM5」が発端だ。E-QM5は配車サービスなどに向けて設計された、いわば「高級タクシー」のような設計思想で誕生し、その外装デザインも他の紅旗モデルと一線を画す。

 ちなみに、紅旗はスーパーカー「S9」の販売も準備している。「Sシリーズ」隷下のモデルも今後続々と投入する計画でいるが、S9の開発に関してはしばらく音沙汰がない状況となっている。

次ページは : ■超ド級のゴージャスさ!「価格は無限大」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!