トヨタ アルテッツァの不遇 スポーツセダンの佳作 偉大な生産終了車

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るかげで、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ アルテッツァ(1998-2005)を振り返ります。

文:伊達軍曹/写真:TOYOTA、ベストカー編集部


■打倒欧州車目指して徹底的に鍛え上げられた入魂のFRスポーツセダン

 BMW 3シリーズなど欧州Dセグメントの競合車種となるべく開発され、海外では「レクサスIS」の初代モデルとして販売された本格FRスポーツセダン。それがトヨタ アルテッツァです。

 プラットフォームはトヨタ プログレに採用されていた(当時)最新の「FRマルチプラットフォーム」を改良したもので、サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式。

 ブレーキ性能にも最大限のこだわりを見せ、6MT仕様には重量級スポーツセダンだったトヨタ アリストとほぼ同等か、あるいは上回るスペックのものが採用されました。

高出力の一方で重量は1300kgからと、やや重めだった

 グレードは大きく分けて2種類。「RS200」には2L直4の3S-GE型エンジンが搭載され、6MT仕様のそれは最高出力210psをマーク。5速AT仕様のほうでも同200psを発生しました。

 比較的ラグジュアリー志向な「AS200」には2L直6の1G-FE型エンジンが搭載され、そちらの最高出力は160ps。AS200でも6MTが選択可能でしたが、こちらのATは4速です。

 トヨタが発表している資料によれば、開発中のアルテッツァには「徹底的」としか言いようがない走行テストが実施されました。

 ニュルブルクリンクにて、まずは2000kmの走り込みを2日間で行うことで問題点をあぶり出し、続く2週間でセッティングを変えながら2万kmの走行テストにトライ。

 そんな「走っては直し、直しては走って」を2年間繰り返し、ようやくバランスが整ってきたら今度は「ドイツのアウトバーンで全開走行!」「フランスの山道を200km/h超で!」「真冬の北海道で180km/hドリフト!」等々を行い、最終的な市販バージョンの走りを煮詰めていったのです。

 そのように気合十分なFRスポーツセダンだったアルテッツァですが、1998年10月に発売されると一部の層には確実にウケたものの、世の中をひっくり返すほどの大ヒット作にはならず、残念ながら2005年7月に販売終了となりました。

■レクサスISとの競合という不遇…しかし、それ以外にも?

 アルテッツァが生産終了となった理由は、とりあえずは「2005年に日本でもレクサスの販売が始まったから」ということになるでしょう。

 前述のとおりアルテッツァは、海外では「初代レクサスIS」として販売されていました。その当時はまだ国内にレクサス販売網はなかったわけですが、ご承知のとおり2005年8月には日本国内でもその展開が始まりました。

 が、そこでは初代IS(≒アルテッツァ)の正常進化版ではなく、ほぼ別系統といえる2代目IS(クラウンなどと車台を共有)が販売されることになりました。

 そうなるとアルテッツァは、販売面で苦戦していたこともあって、どうしたって「お役御免」になってしまうわけです。

 ですが、もしもアルテッツァが好調なセールスを持続していたならば、レクサスの国内展開が始まろうがなんだろうが、それとは無関係に「2代目のアルテッツァ」が登場していたはず。

キビキビとした走りをイメージさせるインパネ・内装

 そうならなかった結局の理由は、「スポーツ」という言葉のあいまいさというか、多義性にあると考えられます。

「スポーツセダン」と聞いてイメージする姿は人それぞれです。ある人は「ハチロクの再来」を期待するでしょうし、またある人は「大馬力エンジン」を想像するかもしれません。また別の人は、いかにもスポーツカーっぽい流線型フォルムを期待するでしょうか。

 ハチロクの再来的なイメージを抱いた人は、シャシーを徹底的に鍛え上げたアルテッツァは「重すぎる」と感じたでしょうし、大馬力を期待した人には、アルテッツァの程よいエンジン出力は物足りないかもしれません。

 またもちろんアルテッツァはスポーツカーっぽい流線型フォルムでもありませんし、かといってごく普通なセダンを好む大衆層に刺さる類の車でもありませんでした。

 ということで、結論は以下のとおりです。

「トヨタがイメージした“スポーツセダンの在り方”を好む人は、確かに一定数いた。だが当時の日本におけるその人数は、残念ながらさほど多いわけではなかった」

 日本ではほかにあまりないタイプの佳作だっただけに、残念でなりません。

■トヨタ アルテッツァ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4400mm×1720mm×1410mm
・ホイールベース:2670mm
・車重:1340kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1998cc
・最高出力:210ps/7600rpm
・最大トルク:22.0kgm/6400rpm
・燃費:11.6km/L(10・15モード)
・価格:240万円(98年式RS200 6MT)

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ