GT-R NISMOは東大級の偏差!! ミニバン1位はエルグランドに! 最高出力を偏差値で評価する

GT-R NISMOは東大級の偏差!! ミニバン1位はエルグランドに! 最高出力を偏差値で評価する

 クルマのスペックの華とも言えるのが最高出力だ。昔ほどパワーの大小でクルマを選ぶ人は少なくなっているが、パワーがある=高性能の証で余裕につながる。内燃機関モデルのなかでカテゴリー内で差が大きいものをチョイス。

※本稿は2023年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年11月26日号

【画像ギャラリー】平均値は387psのスープラRZ!? 偏差値算出でわかるハイパワー化した日本車ラインナップ!!(28枚)画像ギャラリー

■400万円オーバースポーツモデル部門

405psのフェアレディZで偏差値53って。こんなハイパワーなのにほぼ平均って凄い世界
405psのフェアレディZで偏差値53って。こんなハイパワーなのにほぼ平均って凄い世界

 最高出力は、高性能の目安としては定着している。歴代の日本車の最高出力を誇る600psのGT-R NISMOが圧巻の成績で、その偏差値は76で機械工学部としては東大クラス。

 驚きはこのカテゴリーの平均値、偏差値50が387psのスープラRZと言う点だろう。シビックタイプR、GRカローラですら偏差値50を下回っているのは尋常じゃない。

 200ps台のモデルがあることを考慮すると日本車のハイパワー化(と高額化)が進んでいることの証と言える。

400万円オーバーのスポーツモデル 最高出力偏差値(平均:383/標準偏差:78)
400万円オーバーのスポーツモデル 最高出力偏差値(平均:383/標準偏差:78)

■ミニバン部門

評価の高い2.4Lターボだが、スペック上ではエルグランドの280psに1ps足りない!! なぜ?
評価の高い2.4Lターボだが、スペック上ではエルグランドの280psに1ps足りない!! なぜ?

 ミニバンもハイパワー化が進んでいるが、2023年8月にデビューして話題をかっさらった279psのヴェルファイアの2.4Lターボが偏差値トップかと思いきや、忘れられちゃ困るとばかりに名乗りを上げたのが日産 エルグランドの3.5L搭載モデル。

 わずか1psだがヴェルファイアを凌駕。古かろうが、売れてなかろうが、偏差値に換算すると67で同点トップ。

 ちなみにアルファード2.5Lがほぼほぼミニバンの最高出力の平均値だ。最大トルクをセールスポイントとするディーゼルターボのデリカD:5もパワーでは苦戦を強いられた感じ。まぁ、150ps程度あれば充分だけどね。

ミニバン 最高出力偏差値(平均:193/標準偏差:52)
ミニバン 最高出力偏差値(平均:193/標準偏差:52)
【画像ギャラリー】平均値は387psのスープラRZ!? 偏差値算出でわかるハイパワー化した日本車ラインナップ!!(28枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!