新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待

新型スイフト登場秒読み!! すげえ売れそう! 「プロト」公開で見えた市販型の実力と期待

 スズキのコンパクトカー「スイフト」のフルモデルチェンジが近づいている。先日開催されたジャパンモビリティショー2023では「スイフトプロト」が出展されていたが、はたして市販モデルはどうなるのか!? ジャパンモビリティショー出展の「プロト」で見えた新型スイフト市販型の実力と期待について考察しよう。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI、ベストカーWEB編集部、日本自動車工業会

デザインはキープコンセプトだが、待望のE-PKBを採用

 歴代スイフトと同じく、5ドアハッチックのコンパクトカースタイルを踏襲した「スイフトプロト」。現行モデルのキープコンセプトでまとめられた姿から、おそらく、ほぼこのまま市販されるのだろうと推察される。

ジャパンモビリティショー2023で出展された「スイフトプロト」
ジャパンモビリティショー2023で出展された「スイフトプロト」

 従来型のスイフトとは一見区別しにくいものの、LEDデイライトを仕込んだヘッドライトやフロントグリル、ボンネットに走るキャラクターライン、コの字型に光るテールランプなど、細部においてブラッシュアップがされており、よりカッコよく、洗練されたデザインとなっている。これまで通り、日本仕向けは5ナンバーサイズ(全幅1700mm未満)に収まるというので、使い勝手も現行モデル並みにいいはずだ。

 エクステリアとは違い、インテリアは大きく変わったポイントがいくつかある。最大のトピックは、手引き式のサイドブレーキが無くなり、シリーズ初の電気式パーキングブレーキを採用したことだ。そのため、前席シートの間のスペースが空き、小物の荷物置きとして使えるようになった。もちろんブレーキホールドスイッチもあり、ライバル車と同等水準の先進装備をようやく手に入れることになる。

 パワートレインは、新開発の1.2リッター3気筒エンジン(Z12E)+マイルドハイブリッド+高効率の新CVTだ。現行モデルの1.2リッター3気筒エンジン(K12C)+マイルドハイブリッド+CVTと構成は同じだが、スズキによると、「(新エンジンは)低速から十分なトルクを発揮して、街乗りでの扱いやすさを実現。高効率で、燃費性能と走行性能を両立した」とのこと。また、現時点のグレード構成はマイルドハイブリッドのMZ、MX、XGの3種類とのことで、MT設定はなく全車がCVTだ。

 現行モデル(4代目)は、モデル末期でありながら、2023年10月時点でも月1000台規模で売れており(それに加えてスイフトスポーツが月900台程度)、扱いやすいサイズ感で走りもよいコンパクトカーを求める購買層に向けて、ベストマッチな内容で登場してくれそうだ。新型スイフトは、2023年12月6日に正式発表となる見込みだ。

スポーティさよりも、いつ見ても古さを感じないタイムレスなデザインが特徴
スポーティさよりも、いつ見ても古さを感じないタイムレスなデザインが特徴
コの字に光る四角いテールランプなどは、従来型の特徴を受け継いでいる
コの字に光る四角いテールランプなどは、従来型の特徴を受け継いでいる

次ページは : ADASを補強したことで、「売れる一台」になった

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!