シエンタも超イイんだけど……やっぱり新型フリードが気になるぞ!! 24年8月発売まで待つべきなのか!?

シエンタも超イイんだけど……やっぱり新型フリードが気になるぞ!! 24年8月発売まで待つべきなのか!?

 2024年8月に登場するのではと予想されている新型ホンダ フリード。手頃な3列シートミニバンにはシエンタという強力なライバルが存在するが、フリード登場まで待ってから吟味したほうがいいのか? 待つ? 待たない? どっち!?

※本稿は2024年2月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、トヨタ、ホンダ、スズキ
初出:『ベストカー』2024年3月10日号

■大幅刷新予定の新型フリード

2024年8月登場予定の新型ホンダ フリード。最新型フィットのプラットフォーム、パワートレーンを活かして開発され、ハイブリッドはe:HEVとなる。スッキリデザインのAIRと、クロスオーバーテイストのクロスターを設定(ベストカー編集部作成の予想CG)
2024年8月登場予定の新型ホンダ フリード。最新型フィットのプラットフォーム、パワートレーンを活かして開発され、ハイブリッドはe:HEVとなる。スッキリデザインのAIRと、クロスオーバーテイストのクロスターを設定(ベストカー編集部作成の予想CG)

 新型フリードは機能を大幅に刷新する。現行型のハイブリッドは、2組のクラッチを使う7速ATのi-DCDだが、新型は今のホンダ車に幅広く使われるe:HEVに変わる。

 モーター駆動が中心で、燃費と動力性能を大幅に向上。現行ハイブリッドGのWLTCモード燃費は2WDが20.9km/Lだが、新型は24km/L前後だろう。ボディ剛性も高まり、現行型ではステアリングホイールを回し始めた時の車両の反応が少し曖昧だが、新型では改善されて走行安定性と乗り心地も向上する。

 内外装の質も高まり、実用面ではシートの座り心地を改める。特に現行型の3列目は、床と座面の間隔が不十分で、腰が落ち込み膝は持ち上がる。

 新型では、その間隔を広げて3列目も快適になる。グレード構成では、SUV風のクロスターがさらにカッコよくなる。

 現行クロスターは、SUV風のグレードなのに、フェンダーアーチの樹脂パーツが装着されず外観が物足りない。そこを改める。

■超強豪とどう闘っていくのか?

ライバル車のトヨタ シエンタ。こちらも3列シートの7人乗りだが、3列目シートはフリードよりも狭く、エマージェンシー的。200万円を切るモデルも設定
ライバル車のトヨタ シエンタ。こちらも3列シートの7人乗りだが、3列目シートはフリードよりも狭く、エマージェンシー的。200万円を切るモデルも設定

 一番のライバル車はシエンタで、発売は2022年だから設計が新しい。走行性能が優れ、ハイブリッドのWLTCモード燃費は7人乗りの2WDが28.2km/L。薄型燃料タンクの採用で3列目の床も低く、膝が持ち上がりにくい。

 選ぶ価値が高く、2023年の登録台数は小型/普通車の3位であった。1位はヤリス、2位はカローラで、いずれも複数のボディを合計した台数だから、ボディタイプ別に算出すればシエンタが1位だ。

 それでもコンパクトミニバンを買うなら新型フリードを見てから決めたい。シエンタが優秀で高人気だから、フリードも機能を磨いて価格は割安になる。優れた空間効率ではソリオもライバル車だが、車内の広さと多人数乗車の機能を重視するならフリードがいい。

・待つべき度:80%
 車内の広さと多人数乗車の機能を重視するならフリードを待ちたい。

ホンダ フリード 主要諸元(予想)
・全長×全幅×全高:4280×1695×1720mm
・ホイールベース:2750mm
・車量重量:1450kg
・エンジン:直4DOHC
・排気量:1.5L
・エンジン最高出力:106ps
・エンジン最大トルク:13.0kgm
・モーター出力:123ps

【画像ギャラリー】新型フリード予想CGとライバル車2台を写真でチェック!!!(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!