ボルボのディーゼル約1000万円の実力は…? XC90 D5 AWD Rデザイン試乗

 ボルボの3列シートSUV、XC90。その特別仕様車、D5 AWD Rデザインを自動車評論家 渡辺陽一郎が徹底検証。

「ボルボのディーゼル」、その実力はいかほどなのか? 全方位から迫る!

【画像ギャラリー】ボルボのフラッグシップSUV! XC90の特別仕様車 D5 AWD Rデザインをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:渡辺陽一郎/撮影:中里慎一郎
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■乗り心地には気になる点も?

 最近のボルボは、さまざまな部分の魅力を高めた。

 外観ではフロントウインドウと前輪の間隔が広がり、後輪駆動車のようなボンネットの長いボディ形状に仕上げた。

 フロントマスクや水平基調のボディサイドも洗練された印象だ。

 売れゆきも増して、2019年には日本国内で1万8583台のボルボ製乗用車が登録された。2009年は6213台だから10年間で約3倍に増えた。

 この新しいボルボの先駆けが現行XC90だ。2019年には排気量は2Lながら最高出力が235ps、最大トルクは48.9kgmに達する高出力ディーゼルを加えた。

 あわせて改良も行われたので、D5 AWD・Rデザインにあらためて試乗した。

 ディーゼルは低回転域から高い駆動力を発揮して、最高出力が発揮される4000回転まで滑らかに吹き上がる。ディーゼル特有のノイズも小さい。

 全高が1775mmだから重心は相応に高く、車両重量も2トンを超えるが、走行安定性は良好だ。

 下り坂のカーブを曲がる時も不安はない。操舵に対する車両の動きもLサイズSUVながら正確で、ワゴンに近い感覚で運転できる。

車幅が大きく、ルーフが下がる形状でないので、3列目シート空間は広くて使いやすい

 気になったのは乗り心地だ。

 タイヤサイズが22インチで、エアサスペンションをコンフォートモードに設定しても、路上の細かなデコボコを伝えやすい。19インチタイヤを装着したD5 AWDモメンタム(894万円)のほうがバランスはよい。

 車内は広く、3列目のシートに大人が座ることも可能だ。内装も上質で、LサイズSUVながら大味な印象はない。

 日本のユーザーの感覚に合った造りだから、人気を高めたことも納得できる。

3列目シートは倒すとフラットになり、広いラゲッジスペースが姿を表す

■ボルボ XC90 D5 AWD Rデザイン 主要諸元
・全長×全幅×全高:4950mm×1960mm×1775mm
・ホイールベース:2985mm
・車両重量:2090kg
・エンジン:直4DOHCディーゼル+ターボ
・最高出力:235ps/4000rpm
・最大トルク:48.9㎏m/1750-2250rpm
・トランスミッション:8AT
・WLTCモード燃費:13.6km/L
・価格:959万円

【画像ギャラリー】ボルボのフラッグシップSUV! XC90の特別仕様車 D5 AWD Rデザインをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ