日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得にも納得! テリー伊藤がノートオーテッククロスオーバーに乗った【PR】

日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得にも納得!  テリー伊藤がノートオーテッククロスオーバーに乗った

 2021~2022の日本カー・オブ・ザ・イヤーにノートが選ばれた。おめでとうございます。

 高い評価を得たノートだが、今回一般道や首都高をじっくり乗ってその実力を再認識。そして「ノートが欲しい!」、ワタシの悪い癖がアタマもたげてしまった。

文/テリー伊藤(まとめベストカー編集部)
写真/西尾タクト【PR】

【画像ギャラリー】テリー伊藤が欲しくなった!! ノートオーテッククロスオーバーを詳細写真でチェック!(16枚)画像ギャラリー

■クロスオーバースタイルでも5ナンバーは絶対の正義だ

サスペンションで20mm、大径タイヤで5 mm、合わせて25mmのアップだが、運転時の視界はまるで違う
サスペンションで20mm、大径タイヤで5 mm、合わせて25mmのアップだが、運転時の視界はまるで違う

 今回試乗したのは、ノートオーテッククロスオーバーだ。ノートとはホイールアーチガーニッシュやルーフモール、サイドシルプロテクターでしっかりと差別化されている。SUVに比べると控えめだが、やり過ぎ感がなく、むしろスマートな印象だ。

 今回ワタシは土曜日の朝9時に世田谷の家を出て、抜け道となる細い路地を通り、首都高3号線を用賀ICから乗って、お台場へと向かった。途中渋滞や合流、駐車や車庫入れといった、首都圏でクルマに乗る多くの人が経験する使い方をした。

ホイールアーチガーニッシュ、ルーフモール、サイドシルプロテクター、16インチアルミホイールなどをクロスオーバー専用装備としながら全幅は1700mm、全高は1545mmに収めている
ホイールアーチガーニッシュ、ルーフモール、サイドシルプロテクター、16インチアルミホイールなどをクロスオーバー専用装備としながら全幅は1700mm、全高は1545mmに収めている

 そこで発見したのは5ナンバーの正義だ。SUVが人気だが、SUVは大きくて重くなるという傾向がある。その分広く快適かもしれないが、運転するにはダンゼン5ナンバーが楽だ。世田谷には生活道路が多く、一方通行になっているとはいえ、自転車や犬を散歩させるご婦人、登下校の子供たちなどに気を遣わなければならない。

 ノートオーテッククロスオーバーはホイールアーチガーニッシュが装着されているが意外なことに1700mmという5ナンバーサイズに全幅を収めている。またサスペンションで20mm、大径タイヤで5mm、あわせて25mmアップしているが、全高は1545mmとタワーパーキングを使えるところがいい。

コックピット周りはシンプルで操作性もいい。テリーさんはピラーが細く、視界を遮らないことに感心しきり
コックピット周りはシンプルで操作性もいい。テリーさんはピラーが細く、視界を遮らないことに感心しきり
ブルーステッチの入った専用のレザレット(合皮)シートを採用し、体を包み込むような印象だ
ブルーステッチの入った専用のレザレット(合皮)シートを採用し、体を包み込むような印象だ

 しかも25mmアイポイントが高くなったおかげで、びっくりするくらい運転がしやすい。運転のしやすさは安心感につながる。これがSUVだと視界は広がるが、死角も増えてしまう。

 5ナンバーでタワーパーキングOKのクロスオーバー車は、ありそうでなかなかない。オーテックの開発者たちがアタマを悩ませて弾き出した正義の法則だ。

次ページは : ■今日からテリーもキムタクか!首都高で体感した異次元の驚き

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ