愛車R32GT-RにフジツボVVV(ヴィダブリュ)装着!! 豹変ぶりに小川直也大感激!!【PR】

愛車R32GT-RにフジツボVVV(ヴィダブリュ)装着!! 豹変ぶりに小川直也大感激!!

 押忍! 2023年もよろしく! 今回はおれの愛車R32スカイラインGT-RにフジツボさんのVVV(ヴィダブリュ)マフラーを装着したレポートをお届けするぜ! このVVVはワイルドとジェントルを使い分ける、まるでおれのために作られたようなスポーツマフラーだ。今回も大暴走で行くぜ!

TEXT/小川直也 PHOTO/成田颯一

【前編】「とっておきがあるんですよ」この社長、ただものではないな…名門フジツボのLegalis(レガリス)Rを装着!! 初代RX-7 に小川直也が”参った“

■「パワフル」&「ジェントル」ふたつの性能を楽しめるVVVマフラー

 静岡県裾野市にあるフジツボの裾野総合工場。出迎えてくれた藤壺政宏社長にスリーパーホールドに決めて、おれのGT-Rに今一番おススメできるマフラーを装着してくれ! と耳元で告げた。社長は「ワ・カ・リ・マ・シ・タ」と息苦しそうに答え、おれの腕を叩いてギブアップ! 

藤壺社長から「まずはこちらをお納めください」ともらったレトロなフジツボのステッカーが気に入った
藤壺社長から「まずはこちらをお納めください」ともらったレトロなフジツボのステッカーが気に入った

 おれのGT-Rに装着されたマフラーを見て、「弊社お勧めのVVV(ヴィダブリュ)を試してください」と涙声(俺にはそう聞こえた)で訴え、ファクトリーで早速交換に取り掛かる。

 これまで装着していたスポーツマフラーは、どちらかといえばワンパクで、やかましいもの(もちろん車検対応)。それに比べるとVVVは手元のスイッチでバルブの開閉ができるという画期的なもの。VVVというネーミングはバルブ付きマフラーの3代目から来ているという。

愛車32GT-Rに乗ってテストドライブへ! バルブを開けたい衝動を抑えきれない
愛車32GT-Rに乗ってテストドライブへ! バルブを開けたい衝動を抑えきれない

 バルブを開けばスポーツサウンドとパワフルな走りが楽しめ、閉めれば穏やかなサウンドになり走りもジェントルなものになるという。リングに上がった暴走王と普段道場で子どもたちに柔道を教える優しい小川直也の違いか! そう勝手に思い込んで納得した。

 ちなみにフジツボの計測ではアイドリング時の排気騒音はノーマルの69dBに対してバルブを開ければ75dB、閉めれば71dB。さらに車検の際に測定する近接排気騒音(5100回転キープからのアクセルオフで測定)ではノーマルの94dBに対してバルブを開ければ100dB、閉めれば92dBとはっきりとした差となって表れているという。もちろん車検対応で、これは楽しみだ。

素材はステンレスでテールエンドはシンプルなシングルタイプ。迫力あるぞ
素材はステンレスでテールエンドはシンプルなシングルタイプ。迫力あるぞ

 1時間ほど待ってVVVに換装完了。エンジンをかけてみる。おっと、いきなりアイドリングが静かじゃないか! これまでのワンパクなマフラーに比べるとまるで違う。

 これは後日談だが、ある日小川道場から出かける際に忘れ物をしてしまった。バルブを閉めた状態でエンジンをかけたまま3階に取りに戻った時のことだ。いつもなら3階までアイドリング音が聞こえるのに、音が聞こえてこないので、「しまった!  盗まれたか?」と思ったほどだった。

フロントパイプ部分を等長とすることで高回転が伸びるというが、実感できた
フロントパイプ部分を等長とすることで高回転が伸びるというが、実感できた

次ページは : ■バルブを開ければ突き抜ける爽快感!! リングに上がった時のように気持ちいい!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ