80年代の銘品「SUPER R・A・P」復活!! 名作ホイールが最新技術で甦る……超絶注目度の新作はどう凄い?【PR】

80年代の銘品「SUPER R・A・P」復活!! 名作ホイールが最新技術で甦る……超絶注目度の新作はどう凄い?

 近年自動車業界では、ランクル70などかつてのプロダクトが最新技術を纏って復活するケースは多い。そして多くのファンがそれを待ち望んでいるのも事実だ。それは自動車メーカーのみならず、用品メーカーでも同様の流れがある。今回紹介するブリヂストンの「SUPER R・A・P evo.」が凄いぞ。

文:加茂新/写真:ブリヂストンリテールジャパン

【画像ギャラリー】当時の思い出も甦る!! 超絶注目度の新作スーパーラップがスゴイ(4枚)画像ギャラリー

■名作ホイールが堂々の復活

懐かしいSUPER R・A・Pが復活した。単なる復活ではなく現代の基準に準じて
懐かしいSUPER R・A・Pが復活した。単なる復活ではなく現代の基準に準じて

 2023年初頭の東京オートサロン2023で話題となったホイールがついにお披露目となり、本格デリバリーとなる。それがこの「SUPER R・A・P evo.」。

 1980年代半ば、ブリヂストンから発売された「SUPER R・A・P」というホイールは玄人好みのモデルとして人気を博した。いわゆる「鉄チンホイール」のようなディスクに多数の穴が開けられたデザインで、そのディスクとリムは溶接して組み立てられた2ピースアルミホイール。

 その軽さでジムカーナやダートトライアルなどの競技系ユーザーから高い支持を受けた。実際当時13インチ5.5Jモデルの重量は3.5kgという強烈な軽さだった。

 その設計思想はまさに鉄チンホイールから来たもので、スチール製のホイールのようなデザインをアルミで実現。実際に軽くて強かった。

堂々たる復活だがネオクラシックカーとの相性は抜群
堂々たる復活だがネオクラシックカーとの相性は抜群

 当時はタイヤのグリップも低いので、高い剛性で強い荷重を受け止めるというよりも、軽いホイールになれば転がり出しもブレーキングも鋭くなり、タイムが向上するという狙いで作られた。実際その通りの効果を発揮した。

 2023年ブリヂストンはモータースポーツを開始して60周年となる節目の年。60周年記念としてさまざまな企画が立てられた中のひとつに「SUPER R・A・P」復活案があった。

 そこで試しにオートサロン2023に展示してウェブアンケートを取り、反響によっては復活も検討しようというスタンスで、1月に時点ではまったくの白紙だった「SUPE R・A・P」が展示された。

■3000件超のアンケートから生まれたサイズ設定

スッと収まるデザインは秀逸
スッと収まるデザインは秀逸

 ところがその反響は凄まじく、数百件を想定したウェブアンケートでは3000件を超える回答と希望サイズが寄せられた。

 要望に応えるカタチで瞬く間に復活に向けて動き出し、ついに新モデル「SUPER R・A・P evo.」としてお披露目されたのだ。白紙段階から発売まで約10ヶ月というスピードはホイールとしてはとんでもない速さ。スピード違反レベルだ。それだけ気合が込められている。そして、性能的にはまったく別物ということでevo.が付け加えられている。

 見た目はほぼ同じだが、設計はまったくの別。初代は溶接2ピース構造だったが、今回は1ピース構造を採用。リムは圧延スピニング加工が施され、強さと軽さを実現。軽くて強いキャラクターはそのままに、現代のタイヤやクルマに対応させている。

 サイズは15インチでPCDは100と114.3の4H。つまりロードスター向けの100とAE86向けの114.3というラインアップだ。リム幅は7.0Jと7.5J。PCD100は7.0Jと7.5Jでどちらもインセット20。PCD114.3は7.0Jと7.5Jでインセットは0だ。

次ページは : ■旧車オーナーにも希望の光が!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!