(画像ギャラリー)ほかにもあった途絶えた日産の名車(迷車)6選


記事に戻る|あの日産の名車(迷車)が途絶えた理由と復活できない事情 3選

■販売不振、車種統合などで途絶えた6モデル

ラシーン(1994~2000年)。B13型系サニーをベースに4WD化したが、クロスオーバーSUVの走りともいえるモデルだった
パルサー(1995~2000年)。ヨーロッパでは新型が発売されているが、日本でのパルサーの歴史は2000年で途絶えた
ラフェスタ(初代2004~2012年、2代目2011~2018年)。写真は初代。2代目はマツダ プレマシーのOEMで、日産オリジナルは初代で途絶えた
サファリ(初代1980年~、2代目1987年~、3代目1997~2007年)。海外では「パトロール」の名でいまだ販売されているが、日本のでの販売は2007年に終了
プレジデント(初代1965年~、2代目1973年~、3代目1990年~、4代目2003~2010年)。写真は3代目。4代目はシーマ(F50 )ベースに変わり、オリジナルの血は3代目で途絶えた
プレサージュ(初代1998年~、2代目2003~2009年)。
V型6気筒のVQ型エンジン を搭載するなど、高級ミニバンとして人気を博した

記事に戻る|あの日産の名車(迷車)が途絶えた理由と復活できない事情 3選

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ