(画像ギャラリー)【王者か挑戦者か 究極の選択】中古で選ぶならハイエースかキャラバンか


ハイエース、キャラバンのエクステリア、インテリア、ボディ形状の違いほか

元記事に戻る【王者か挑戦者か 究極の選択】中古で選ぶならハイエースかキャラバンか

ハイエースバン、ロング、全幅は標準ボディ、標準ルーフ、標準フロアのスーパーGL
スーパーGLのインパネ。ATはインパネシフトの6速AT
スーパーGLのシート。後席は2段階で前後120mm、リクライニング機構がつく
バンDX、4ナンバー、ロングボディ、ボディ幅は標準、標準ルーフ、4ドア
2ナンバー、14人乗り、スーパーロングボディ、ボディ幅はワイド、ハイルーフ、標準フロアのコミューター
ハイエースバンのボディ形状。左からロングバン・標準ボディ、標準ルーフのスーパーGL、DX。ロングバンワイドボディ、ミドルルーフのスーパーGL。ロングバン・標準ボディ・ハイルーフBのDX。スーパーロングバン、ワイドボディ、ハイルーフのDX
スライドドアはロングバン4ドア、ロングバン・5ドア、スーパーロングバン・4ドアの3種類
ハイエースのフロアは、床面を低く抑えた標準と床が二重構造で床下に収納スペースを設け、タイヤハウスの張り出しのないジャストローの2種類用意されている
NV350キャラバン・バン プレミアムGX(2WD・ガソリン)。ロングボディ、標準幅、標準ルーフ

NV350キャラバン・バン プレミアムGX(2WD・ガソリン)。ロングボディ、標準幅、標準ルーフ
バンプレミアムGX Urban CHROME(2WD・ガソリン)。ロングボディ、標準幅、標準ルーフ、低床5人乗 5ドア
(左):マイクロバスGX(4WD・ガソリン)。スーパーロングボディ、ワイド幅、ハイルーフ、低床14人乗り、4ドア。(右):バンDX(4WD・ディーゼルターボ)、スーパーロングボディ、ワイド幅、ハイルーフ、低床 6人乗り 4ドア
NV350キャラバン・バンDXのコクピット
オーソドックスなグレードのバンDXのインテリアはあくまでもビジネスユースのためシンプル
上級グレードのバンプレミアムGX(2WD・ガソリン)、ロングボディ、標準幅、標準ルーフ、低床5人乗り 5ドア
バンプレミアムGX(2WD・ガソリン)、ロングボディ、標準幅、標準ルーフ、低床 5人乗り 5ドア
4ナンバー車バンクラスでNO1の広さを謳うNV350キャラバンの荷室
荷室長3050mmはハイエースの3000mmより50mm長い
グレード別に設定されるセカンドシート5:5分割可倒式リクライニングシート

元記事に戻る【王者か挑戦者か 究極の選択】中古で選ぶならハイエースかキャラバンか

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ