【画像ギャラリー】ホンダがローバーと提携していた時の共同開発車

開発の主体はホンダで技術、車体を供給

記事に戻る|【世界の自動車産業で巨大な連合が次々形成】ホンダの自主独立路線はいつまで続くのか?

コンチェルトの欧州仕様のサスペンションを共同開発
ローバー200シリーズ/ベースはホンダバラード
ローバー400シリーズ/欧州版シビックと主要コンポーネンツを共用
ローバー600シリーズ/一部コンポーネンツをアスコットイノーバと共用
ローバー800シリーズ/ベースは初代レジェンド
番外編:ホンダクロスロード/クロカン4WDをもっていなかったホンダはランドローバーディスカバリーのOEM供給を受け、クロスロードの車名で販売

記事に戻る|【世界の自動車産業で巨大な連合が次々形成】ホンダの自主独立路線はいつまで続くのか?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ