【画像ギャラリー】魅力倍増の新型インプレッサ/XVの詳細写真&販売台数内訳

インプレッサ&XVの2019年10月10日発表マイナーチェンジモデル

元記事に戻る【新型インプレッサ絶好調!!】前年の2倍以上売れた意外な理由

インプレッサのマイナーチェンジモデルは2019年10月10日発表。大幅改良モデルを発表(2L車は11月15日発売、1.6L車は2020年初頭発売)。外観はフロントフェイス(バンパー・グリル)、LEDハイ&ロービームランプ(「i-S EyeSight」は標準装備、「i-L EyeSight」はメーカーオプション)、アルミホイール(「2.0i-S EyeSight」を除く)およびスポーツのリアフォグランプ(「クリアビューパック」に内包)のデザインを変更
グレード体系は2.0L車のみに設定されていた「i-S EyeSight」を1.6L車にも拡大し、「1.6i-S EyeSight」として追加した。ボディカラーは「ダークグレーメタリック」を「マグネタイトグレーメタリック」に入れ替えた
 
内装はマルチファンクションディスプレイ、シート材質、マルチインフォメーションディスプレイ付きメーターが新デザインに変更された
装備面では「アイサイトツーリングアシスト」を全車に標準装備するとともに、LEDハイ&ロービームランプにアダプティブドライビングビームを追加、メーカーオプション設定されている「アイサイトセイフティプラス(視界拡張)」のサイドビューモニターをフロントにも追加してフロント&サイドビューモニターとなった
アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能、ドアミラーメモリー&オート格納機能、リバース連動ドアミラー(これら3点は「i-S EyeSight」に標準装備、「2.0i-L EyeSight」は運転席&助手席8ウェイパワーシートとのセットでメーカーオプション)、集中ドアロック(オートドアロック・アンロック機能付、全車に標準装備)が新たに採用された
国産Cセグメントのなかでもトップクラスの広さを誇るインプレッサのリアシート
XVのマイナーチェンジモデルの発表は2019年10月10日(2L車は11月15日発売、1.6L車は2020年初頭発売)。従来の「2.0i-L EyeSight」と「2.0i-S EyeSight」は「e-BOXER」が新たに搭載されて「2.0e-L EyeSight」と「2.0e-S EyeSight」に改められ、既存の「Advance」と合わせて2.0L車は全グレード「e-BOXER」搭載車となった
外観はLEDハイ&ロービームランプ(「2.0e-S EyeSight」・「Advance」に標準装備、それ以外のグレードはメーカーオプション)とリアフォグランプのデザインを変更。 ボディカラーは「ダークグレーメタリック」を「マグネタイトグレーメタリック」に入れ替えた
内装はマルチファンクションディスプレイ(「1.6i EyeSight」を除く)とマルチインフォーメーションディスプレイ付メーターが新デザインにそれぞれ変更された
「1.6i EyeSight」を除く全グレードには雪道や砂利道などの滑りやすい道に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみなどタイヤが埋まってしまうような道に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2種類が選択可能な「X-MODE」が搭載された
アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能、ドアミラーメモリー&オート格納機能、リバース連動ドアミラー(これら3点は「2.0e-S EyeSight「Advance」に標準装備、「2.0e-L EyeSight」は運転席&助手席8ウェイパワーシートとセットでメーカーオプション設定)、集中ドアロック(オートドアロック・アンロック機能付、全車に標準装備)も採用された
現行インプレッサ、XVの新車販売台数の内訳(スバル調べ)

元記事に戻る【新型インプレッサ絶好調!!】前年の2倍以上売れた意外な理由

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ