【画像ギャラリー】キックス、パトロール、ハイランダー、日本で販売されていない海外仕様車


日産パトロール、日産パルサー、日産キックス、トヨタハイランダーほか

元記事に戻る【日本車の日本離れ!??】日本市場を大事にするクルマ あまり大事にしないクルマ

「世界戦略車」と「地域戦略車」

 ここで世界戦略車と地域戦略車について解説しておきたい。プリウスは日米欧で販売しているので明確な「世界戦略車」といえるが、セダンでいえばトヨタのカムリ、ホンダではアコード、インサイトは北米市場が主戦場となる。

 SUVを見ると、CR-Vは日米欧で販売されるいっぽうで、トヨタではRAV4は北米市場での販売がメインとし、欧州ではサイズ的にも流行としてもC-HRが主役を張る。

 ホンダは欧州でもシビックを軸として(英国工場をどう扱うかが微妙だが)、ヴェゼルやCR-Vは日米欧で販売する。日産は北米市場でニッサン・ブランドは、アルティマ独自の車種でラインナップを構成している。

 インフィニティとしては、フロントエンジン・リアドライブの通称「FR-Lプラットフォーム」を利用したセダンであるQ37/40/50(日本市場でのスカイラインとフーガ)などを展開しているのは周知の通り。

 欧州市場ではコンパクトクラスにマイクラ、パルサーを用意しているが、アライアンスを組むルノーの様子を見極めながらということになるのだろう。

 欧州で流行のコンパクトSUVについて触れておけば、ジューク(日本での販売終了が決定済み)やC-HR、ヴェゼルは主に欧州市場を意識した、どちらかというとニッチ・モデルに近い。

 C-HRは拡販を狙って、日欧に続いて東南アジアでのハイブリッド仕様の展開も見据えているとの話だから「世界戦略車」に近いかもしれない(北米市場ではコンパクトすぎるのだろう)。

日産キックスは、ブラジルやメキシコで生産される海外向けのコンパクトSUVで、北米や中国でも売られている。ボディサイズは全長が4295×全幅1760×全高1590mmで、ホイールベースは2610mm。ジュークが日本で発売されない代わりにこのキックスが導入予定
日産マイクラは欧州市場でのボトムレンジを担うモデル。現行モデルは2017年登場。エンジンは直3、1L DOHCと0.9Lターボ
日産パルサーは欧州市場でその名が復活したCセグハッチバック車。エンジンは直4の1.2L NAと1.6Lターボ、ルノー製1.5Lディーゼル
現行型は6代目となるアルティマ。2018年4月のニューヨークショーで公開され、エンジンは直4の2.5Lと2L VCターボを搭載
日産新型マキシマ。北米市場での日産最上級セダンモデル。V6、3.5Lと直4、2.5Lを搭載
全長5m、全幅1.9m超! どことなくレンジローバーっぽい雰囲気もある日産新型パイロット。日本でサファリが絶版した後、2010年に発売され、2020年モデルは大幅にデザインを刷新
2019年12月から北米での販売を予定しているトヨタハイランダー
スバルアセントは北米専用の3列シートSUV。全長5050×全幅1990mmという圧倒的存在感。2.4L直噴ターボ×シンメトリカルAWDを組み合わせる
三菱エクスパンダーは東南アジアでヒット中の7人乗りSUVミニバンで、突出した4WD性能は三菱の真骨頂。直4 1.5Lエンジンだがストレスなく走る!
スズキのインド製3代目ワゴンRは初のAセグ専用ボディからなるクルマ。1L&1.2Lを搭載

元記事に戻る【日本車の日本離れ!??】日本市場を大事にするクルマ あまり大事にしないクルマ

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だし寂しいです。でも、中止になったのなら「誌面でやっちゃえ!」ということで、「ベストカー誌上東京モーターショー2021」を開催します! ベスト…

カタログ