【画像ギャラリー】改良された2020年型リーフNISMOのスタイルと装備をチェック!

■2018年モデルから大きく向上した走り

記事に戻る|これぞEVスポーツ!! 新型リーフNISMO発売 新感覚の走りと実力とは!?

2020年7月20日より発売となったリーフNISMOの2020年モデル。2018年にデビューしたリーフNISMOの改良型だ
2018年型と2020年モデルの外観の変更はわずかだが、走りは大きく進化した
こちらはリーフNISMOの2018年モデル。乗り比べることで2020年モデルの走りが大きく向上したことが体感できた
フロントビュー
サイドビュー
リアビュー
モーターの出力に変更はないが、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)やIDM(インテリジェントトレースコントロール)のセッティングを変更しより楽しい走りを実現
インテリアに赤い差し色を加えることで、NISMOモデルらしいスポーティさを演出。2018年モデルよりもクイックなステアリングレシオに変更された
2020年型からオプション設定されたレカロシート。快適性を損なうことなく、しっかりと体をホールドしてくれる。2脚で37万2000円
2020年モデルでは、ホイールの開口面積を小さくすることで、ホイール表面を流れる空気の抵抗を軽減した
強化スプリングを採用し、それに合わせてダンパーの減衰力をチューニングすることで、さらに軽快なハンドリングが与えられた
リーフよりも優れたアクセルレスポンスと加速性能を与えられたリーフNISMO。2020年モデルではブレーキ性能を向上。トラクションコントロールのセッティングもよりスポーティになった
充電中のリーフNISMOと吉川賢一氏

記事に戻る|これぞEVスポーツ!! 新型リーフNISMO発売 新感覚の走りと実力とは!?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ