アルファード/ヴェルファイア「ロイヤルラウンジ」のド迫力【VIPカーの頂点爆誕!】

 2017年12月25日、トヨタモデリスタインターナショナルは、アルファード/ヴェルファイアのコンプリート車、4名乗り1500万円の「ロイヤルラウンジ」を発売しました。

 発表内容をよくよく見ると、なんとも圧巻のこのクルマ。いつかは乗ってみたい! ということで、以下、ザッとご紹介いたします。

文:ベストカーWeb編集部


■動くスイートルーム? 社長室? マンガ喫茶? 見参!

 先頃マイチェンを実施した現行型アルファード/ヴェルファイアに、同時に「ロイヤルラウンジ」を発売するあたり、モデリスタとトヨタ本体とのつながりの強さを実感する。

こちらはヴェルファイアで、本稿メイン写真はアルファード。どちらも同価格(1500万円級)で発売中
こちらはヴェルファイアで、本稿メイン写真はアルファード。どちらも同価格(1500万円級)で発売中

 このロイヤルラウンジ、ただでさえ広いアルファード/ヴェルファイアのリアキャビンを2席のみとすることで、従来のVIPセダンを遙かに凌駕するとてつもないエグゼクティブ空間を創出。

なんかスリーピースのスーツを着た社長と美人秘書が座る姿が見える……
なんかスリーピースのスーツを着た社長と美人秘書が座る姿が見える……

 リアキャビンには24インチ液晶ディスプレイやJBLプレミアムサウンドシステムに加え、前席(運転席&助手席)との仕切り「フルパーテーション」を全車標準装備(マジか!)。

 背中から頭部まで包み込むハイバックチェアを採用する「専用VIPシート」や、エアアツによって作動する「リラクゼーションシステム」、シートのリクライニングだけでなくテレビモニターなどさまざまな快適装備を操作できる「集中コントロールタッチパネル」など、もうこれは動くスイートルームといっても過言ではない(ただ正直いってちょっとマンガ喫茶っぽさはある)。

運転席とキャビンの間に「仕切り」があり、また中央コントロールパネルでさまざまな快適装備の操作が可能。はぁ……乗ってみたい……
運転席とキャビンの間に「仕切り」があり、また中央コントロールパネルでさまざまな快適装備の操作が可能。はぁ……乗ってみたい……マンガとかドサッと置いておいてずっとここにこもっていたい……

 気になるお値段はアルファードの「エクスクルーシブラウンジ ハイブリッド仕様」で1563万5160円也(ヴェルファイアも同額)。

 ひょえー。買えない! でも乗りたい! 社長、社用車で一台どうですか!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ