え…本当?? マジで次期クラウンはこうなる? 2022年発表 新型クラウン全情報


 かつては日本クルマ界の頂点に君臨していたクラウン。「裕福の象徴」であったこのクルマも、初登場から65年をすぎ、モデルサイクルも15代を数えると、さすがに存続の危機が噂されるようになった(江戸幕府のようですね…)。

 そんなクラウンの次期型情報は錯綜を極めているものの、当編集部がトヨタ関係者に取材したところ、「モデルの存続は揺るがない。ただイメージは大きく変わり、4ドアクーペになる」という衝撃的な情報が舞い込んできた。

 あのクラウンが…。以下、現時点でつかんでいる情報を整理してお届けしたい。なお現時点での次期クラウンの登場予想時期は、約1年半~2年後となっている。

文/ベストカーWeb編集部
写真/ベストカー編集部、トヨタ

【画像ギャラリー】本当の本当にクーペになるのか?? 新型クラウン予想CG最新版(15枚)画像ギャラリー

■次期型は4ドアクーペに生まれ変わるのか

 クーペライクなデザインで若返りを図った現行クラウンだが、その歴史と伝統による大きな呪縛があったのも事実。そこで次期型では、スポーツ路線を強めるだけでなく、既存のクラウン像を打ち破るスタイリッシュな4ドアクーペに生まれ変わるというのが現時点で編集部に伝わっている最新情報。

 そのブレークスルーを象徴するのが、新デザインのフロントマスクだ。EVの「bZ4X」同様の薄型LEDライトに、横基調の大型グリルを採用した低重心を予感させるスポーティなマスク。クーペ感を演出するルーフラインはより伸びやかとなり、トランクリッドを小型化することで、ファストバッククーペ的なフォルムに仕上げられる。リアテールもコンパクトかつシャープなデザインとし、スポーツカーライクに仕上げる。

新世代クラウンは極薄のヘッドランプを採用してイメージ一新。クーペフォルムも美しく、特に切り欠きにより浮いたように見えるルーフが特徴的。何にも似ていない独創性がある(ベストカー編集部による予想CG)

 デザイン以上の大改革が、シリーズ初のFF化だ。

 走りのよさとキャビンの広さを両立させたGA-Kプラットフォームへと移行させ、コストダウンを図る。現行型クラウンも、レクサスLSなどと同じ大型FR用GA-Lプラットフォームを使用しているが、実は車幅を1800mmとしたクラウン専用仕様。これだけでもコストがかかっており、さらに車幅の制約はデザインの制約にも繋がる。そこでプラットフォームの共有化と全幅を抑えるため、次期型のFF化は開発上の必須項目となったようだ。

■大改革の次期クラウンは2022年冬~2023年春の予想

 パワーユニットは、2.5L、直列4気筒エンジンに集約されるが、ハイブリッドだけでなく力強いターボも設定。もちろん4WDが継続され、ハイブリッド車はE-Four。ターボ車は、ダイナミックトルクベクタリングAWDを取り入れることで、FRライクな味も残した走りの楽しい四駆モデルとなりそう。残念ながら、回転フィールが上質なV6は現行型で消滅してしまう。

 インテリアに関する情報はないが、先進的かつスポーティでありながら、トヨタフラッグシップに相応しい上質な仕上げとなるはずだ。そして、一部車種に導入が開始された高度運転支援機能「トヨタチームメイト」も初採用される。

 登場予想時期は2022年冬~2023年春。大改革の新星クラウンは、我々に衝撃とともに大きな感動をもたらすだろう。

今クーペフォルムのSUVが世界的なトレンド。クラウンクロス(仮称)は流麗なベースを生かし、既存にない斬新なデザインで登場

 最後に、一時期噂になっていた「クラウンSUV化計画」とはなんだったのか。

 結論から言うと、クラウンをベースとしたSUV、いわゆる「クラウンクロス」の開発計画は存在している。若返りでユーザー層の拡大を狙う次期型クラウンの隠し玉が、SUV仕様の発売だ。中国では、「クラウンクルーガー」と名付けられたSUVが登場したが、それとは異なるブランニューのクーペSUVが送り出されるという。

 次期型の4ドアクーペデザインをベースに、SUVらしいプロテクションカバーをホイールアーチやボディ下部に装着し、リフトアップが図られる。エンジンはクーペと共通だが、4WD専用車となる可能性も高い。トヨタ随一のスポーティSUVとなりそうだ。

【画像ギャラリー】本当の本当にクーペになるのか?? 新型クラウン予想CG最新版(15枚)画像ギャラリー