新型7代目フォードマスタングがデトロイトショーでワールドプレミア!!


 伝統的なアメリカンスポーツのフォードマスタングが9月15日、デトロイトショーで7代目となる新型モデルをワールドプレミアした。現地米国での発売は2023年を予定しているが、新型はどのようなモデルなのか、アメ車に造詣の深いモータージャーナリスト、九島辰也氏にレポートしてもらった。

文/九島辰也、写真/フォードモーターカンパニー

【画像ギャラリー】やっぱりマッスルカーの神髄! アメリカンスポーツの雄、新型7代目フォードマスタングを写真でCHECK!!(78枚)画像ギャラリー

■夏に開催のデトロイトショーに違和感はあるが……

新型マスタングに搭載される5LV8エンジン。ティザーとしてこのエンジンサウンドがワールドプレミア前に公開されていた

 フォードモーターカンパニーは去る8月19日、新型フォードマスタングをデトロイトモーターショー2022で初公開すると正式発表した。現地時間9月14日午後8時、日本時間15日午前9時となる。新型の発表前にはプロトタイプの写真をネットで流したり、ティザー広告としてV8エンジンの音をネットで配信したりするなど、手が込んでいた。

 V8サウンドを「ウェイクアップコール」に例えるところなんてニクイ。この場合、モーニングコールって意味合いよりも「目覚めよ!」って感じだろう。

 それにしても夏に開催されるデトロイトモーターショーってのもユニーク。というか、違和感がハンパない。1990年代後半からかなりの回数、取材に訪れていたが、時期は毎回1月初めだったからだ。

 アメリカはニューイヤーデーしか休まないので、日本流のお正月休みなんて関係ない。その年によって1週間くらいプレスデーは変わるが、1月3日に日本を立ったこともある。

 しかも場所はミシガン州デトロイト。氷点下は当たり前で、気温マイナス20度も何度か経験した。息を思い切り吸うと、肺が痛くなるくらい空気が冷たかった。道路はもちろん、デトロイトリバーも凍っていた。「もしかして歩いてカナダに渡れる?」ってな感じ。

 そんな真冬のデトロイトモーターショーは世界中のほかのモーターショー同様人気激減。ここ数年、動員数は減り、出展するメーカーも減った。ブースの間を埋めるのにクラシックカーを展示したり、地元のコーヒーショップが構えたりするほどスカスカになってしまったのだ。華やかな時代を知っている者として寂しいかぎりである。

 といった背景からモーターショー自体の体制を見直し、今年のように9月開催となった。夏のミシガン州は緑深く、とても過ごしやすいので有名。全米で有名なゴルフ場もたくさんある。

■初代登場から60年目の登場で「あえて2024年型」に

7代目となる新型マスタング。発売は2023年だが、あえて2024年モデルとしてフォードはアナウンスしている

 話をマスタングに戻そう。今回アンベールされたマスタングは7世代目となる。年式はあえて2024年型とした。理由はシンプルで、1964年からちょうど60年目に当たるからだ。初代は1964年4月17日に登場し、初年度モデルは「ロクヨンハーフと呼ばれた。

 ちなみに、従来型の6代目モデルは2013年12月にリリース。世界4大陸、6都市で同時に披露された。個人的にもそれに参加し、その瞬間をオーストラリアの首都シドニーで体験した。まだ日本にフォードジャパンがあり、マスタングをグローバルで販売しようと計画していた時代の話である。

 2024年型マスタングの特徴は、生配信されたプレゼンテーションから読み取ると、デザイン、V8エンジン、スリーペダルのMT、それとデジタル化されたメータークラスター、といったところだろう。パワーソースは5LV8と2.3L直4ターボのエコブーストの2本立てとなるようだ。ハイブリッドモデルなどは言及されていない。

次ページは : ■スペシャル版に「ダークホース」発表

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ