真っ黒ソリオ爆誕!! ハイブリッド復活で打倒ルーミーなるか!?

真っ黒ソリオ爆誕!! ハイブリッド復活で打倒ルーミーなるか!?

 スズキ ソリオとソリオバンディットにストロングハイブリッドモデルが追加された。先代モデルにあったモノが復活を遂げたイメージで、既存モデルとの差はハイブリッドエンブレムがブラック塗装される程度と大きな違いはない。

 注目はノーマルモデルが超カッコイイ点にある。これまでイカツイのはバンディットであったが、その常識を大きく覆すデキに。これは打倒ルーミーが叶うかも!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:スズキ

【画像ギャラリー】黒すぎるソリオに注目!! ノーマルモデルがオラオラすぎ(7枚)画像ギャラリー

またAGSか……でも燃費は驚異の22.3km/L!!

流行のくすみカラー「キャラバンアイボリーパールメタリック」が新設定。ノーマルモデルのストロングハイブリッドはドアハンドルまでブラックに
流行のくすみカラー「キャラバンアイボリーパールメタリック」が新設定。ノーマルモデルのストロングハイブリッドはドアハンドルまでブラックに

 スズキ ソリオといえばスペーシアなどのスーパーハイトワゴン軽よりも大きく、ミニバンよりも小さい、程よいサイズがウリのプチバンである。今この市場はトヨタ・ダイハツ・スバルから売り出し中のルーミー兄弟よりも早くデビューし、いわばこのマーケットを開拓した立役者でもあるのだ。

 そのソリオにストロングハイブリッドが追加!! 先代モデル途中に同じパワートレインがラインアップされていたが、晴れて新型ソリオにも設定されたのだ。その名もストロングハイブリッドで、クリープ走行時などにEVとして走ることも可能になるなど、既存のマイルドハイブリッドモデルと比べるとより電気の味が楽しめる設定となっている。

 ちなみに先代モデル同様に組み合わせるトランスミッションはMTをベースとした5速AGSとなる。マイルドハイブリッドモデルのCVTと比べると若干慣れるまでに時間を要する印象だが、大きな違いはないと思っていただいて問題ない。

 燃費は22.3km/L(WLTCモード)をマークし、マイルドハイブリッドモデルよりリッターあたり2.7kmも低燃費となっている。

ノーマルソリオがヤバい!! バンディットよりもオラオラに

タフカーキパールメタリックも新たに追加。それにしてもバンディットよりオラオラ感が増すとは!!
タフカーキパールメタリックも新たに追加。それにしてもバンディットよりオラオラ感が増すとは!!

 冒頭に述べた通り、今回のストロングハイブリッドモデルの目玉はノーマルモデルにある。222万2000円のハイブリッドSZはグリルをはじめサイドミラー、さらにはホイールに至るまでブラック塗装が施され、迫力満点の仕上がりに。買うならバンディットでしょ!! と思っていた向きにも今一度ノーマルモデルも検討を! と言いたくなるほどのデキなのだ。

 対するバンディットのハイブリッドSV(224万6200円)は少々大人しい見た目に。マイルドハイブリッドモデルと同じデザインながらホイールはシルバー塗装となっている。

次ページは : ハイブリッド復活で打倒ルーミーなるか!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サクラより先に満開!! 感動の「日本車ALLアルバム」大特集!! ベストカー4月10日号

「どのクルマにしようかな~?」とお悩みのアナタ。ずばり、発売中の「ベストカー」4月10日号はお役立ちになることウケアイです。今売っている日本車のことがすべて掲載の「日本車ALLアルバム」大特集があるからです! 2023年9月登場のプリウスクロスオーバーの情報も!

カタログ