【2020年春~夏が決戦!!!】新型ハリアー最新情報&現行型の気になる買い時!!

 ミッドサイズSUVカテゴリーで、高い人気を誇るトヨタ「ハリアー」。その次期型が2020年に登場予定だ。新型が登場するとなると気になるのは、そのスペックなども気になるが、現行型を欲しい人はいつが買い時なのか? も気になるところだろう。

 今回は、現行車が欲しい人は、いつディーラーに足を運ぶべきか? 値引きはどの程度期待できるかなどの実用的な情報から、次期型に関する最新情報も入手したので、併せてお届けしたい。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】お買い得な売れ筋グレード、特別仕様車「 プレミアム スタイルノアール」をチェック!


■人気の現行型をお得に買うには、いつがベストなのか!?

 ハリアーは、2020年5月のゴールデンウイーク明けに、フルモデルチェンジすることが有力になっている。

 現行モデルは人気の根強さは維持しているが、販売はここに来て頭打ち傾向にある。それでも2019年11月末時点での納期は約2カ月待ちで、この年末セールでも比較的強気の商売をしている。

2013年11月にデビューしたハリアーは大ヒットした

 現段階で、次期型へ引き継ぐタイムスケジュールをざっと予想すると、2020年の年明け早々から徐々に生産を絞り込み、3月いっぱいでオーダーストップになり、次期型のプレキャンペーンがスタート、4月上旬あたりに価格を決めて、先行予約の受付を開始し、5月のゴールデンウイーク明けが発表、発売になる見込みである。

 したがって、3月は激安で買える最終のグッドタイミングとなる。トヨタの量販モデルは最近、ほとんどが受注をしてからの生産、納車態勢としている。ハリアーもしかりである。したがって、大幅値引きがゲットできる在庫一掃セールはない。

 ただ今回のハリアーは、モデルの切り替えで次期型の生産準備をする必要があるので、人気グレードやボディカラーについては、最終月の2~3月は見込みの生産枠を確保する見通しだ。

 売れ筋グレードは、FF・2Lガソリンのプレミアム、プログレスで特別仕様車「プレミアム スタイルノアール」など。ボディカラーは、圧倒的にホワイトパールクリスタルシャインで占められる。

2019年7月2日に発売された特別仕様車「プレミアム スタイルノアール」、車両価格336万500円~

 したがって、最終月の生産枠もこれらを中心に確保するはず。首都圏の某トヨペット店で、FF・プログレス2000(車両本体価格385万円)に、有料色のホワイトパールクリスタルシャイン、フロアマットロイヤルタイプ、サイドマッドガード、ナビ連動ETC2.0ユニット、カメラ一体型ドライブレコーダーなど約26万円の付属品を付けて弾いて貰うと、法定、法定外諸費用込みで約428万円と出た。

 値引きは、初回回答で車両本体から約15万円、付属品から3万円、合計18万円が提示された。年末セールでは最終的には25万円程度に達すると予想される。

現行型ハリアーのボディカラーのラインナップ

 これが2~3月の実質的な在庫処分セールであれば、35万円程度は可能性の範囲といえる。競合するライバル車は同じトヨタの「RAV4」をはじめ、マツダ「CX-5」、ホンダ「CR-V」、スバル「フォレスター」が挙げられる。

 扱っているのは、東京地区だとトヨタモビリティ東京、他地域はトヨペット店となっている。トヨペット店はどこの地域でも買えるので、これを活用すればトヨペット店同士の競合も可能になる。

 特に安く買えるのは週末のフェア日だ。値引きで最大に近い決済権を持つ店長が店におり、指揮を執っているから、短時間で大幅値引きをゲットできる確率が高くなる。

 2月と3月では、決算セールの締めにあたる3月のほうが激安で買える確率は高いが、グレード、ボディカラー、オプションパーツの枠に限りが出る、あるいは在庫ゼロになったりするので要注意だ。

 ハリアーは人気モデルであり、リセールバリューも最高レベルだから、手放す時に高値がついて得をする確率が高い。最近利用率の高い残価設定クレジットを組むと、3年後の残価率は58%、5年後でも38%となっている。

 これはトヨタの乗用車では最高レベルで、アルファード/ヴェルファイア並みでクラウンよりも高い。しかも無傷で乗り続ければ、代替えし精算する時の査定額は、この残価を20~30万円も上回るケースがほとんどとなっている。

■2020年夏登場の、新型ハリアーの気になる最新情報

 次期型ハリアーは、どのようなコンセプトで登場するのか。現行モデルが人気モデルだけに大幅なコンセプト変更はない可能性が強い。ただ、RAV4とのクラス分けをより明確にするため若干サイズアップし、上級シフトする見込み。

 プラットフォームは新世代に向けた「TNGA」を採用し、ねじり剛性強化、走行性を向上。パワーユニットは2Lガソリン、2Lターボ、2.5Lガソリン&ハイブリッドを搭載する。現行モデルに比べると、ハイブリッドにも4WDだけでなく、FFも加わるから、これによってハイブリッド比率が高まる可能性がある。

 安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」は、最新の進化バージョンが標準装備される。クオリティアップ、安全対策強化に伴うコストアップによって、車両本体価格は従来モデルよりも20万円程度のアップとなる見込みだ。

 これまでトヨペット店の専売モデルだったのが、全店扱いに拡大される。これによってトヨタのSUVではC-HR、ライズに次ぐ量販モデルに浮上する可能性がある。

2020年にデビューが予定される新型ハリアーは、オフロード指向のRAV4が販売好調ということもあり、シティ派、クーペスタイルSUV路線を目指すこととなる
基本プラットフォームは最新の「TNGA」を採用。クーペスタイルとしたことで後席居住性は若干犠牲になるが、そこは割り切る

■現行ハリアーの実情と、新型への現場の期待

●証言:首都圏トヨペット店営業担当者
 現行ハリアーは商品性が高く、トヨタの量販乗用車ではトップレベルのリセールバリューを誇るので売り易い。

 新型になれば、さらに人気が高まるはずであり期待している。現行モデルのままで世代交代すれば十分に通用する自信があるので、コンセプトはあまり変えてほしくない。

 プラットフォームは当然「TNGA」を採用し、パワーユニット、足回りも新開発となるので楽しみにしている。ただ2020年5月から全系列店扱いに拡大するので仲間同士の競争は激しくなるだろう。

【画像ギャラリー】お買い得な売れ筋グレード、特別仕様車「 プレミアム スタイルノアール」をチェック!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ