新型ハスラー発表!! CX-3が生産中止へ!? 新車&生産終了の最新動向判明!!


■トヨタ ハイブリッド車用のバッテリーをリチウムイオン一本化

 トヨタは近い将来、ハイブリッドモデルの駆動用バッテリーをリチウムイオン方式に一本化する見通しです。

 これまではニッケル水素バッテリーとリチウムイオンバッテリーの両方を採用していましたが、コンパクト&高効率なリチウムイオンバッテリーへ一本化することによる量産化で、コストダウンの見通しがついたためと思われます。

 現在、ニッケル水素バッテリーを採用しているモデルについてはフルモデルチェンジやマイナーチェンジのタイミングを利用して、リチウムイオンタイプに順次切り替える方針です。

トヨタの新型ヤリス
ヤリスに搭載される新型リチウムイオンバッテリー

 リチウムイオンバッテリーはコンパクトに作れるためスペース効率がよく、4WD車への採用にも適しています。

 新型ヤリスは従来と違う、さらにコンパクト&高効率のリチウムイオンバッテリーを開発採用しており、このバッテリーが今後の展開のベースになると思われます。

 さらにこの新世代バッテリーは2020年末にも一新する次期型アクアには、ほぼそのまま移植されるものと思われます。

■来春にダイハツ キャストアクティバの後継モデルが発売?

 関係筋によると、ダイハツは来春にもSUVテイストのクロスオーバー軽自動車「キャストアクティバ」の後継モデルを発売するようです。

 この新型車は本格的なSUVで、スズキのハスラー対抗モデルとなります。そしてタント同様、新しいDNGAのプラットフォームを採用し、基本コンポーネンツを刷新したモデルでもあります。

現行型のダイハツ キャストアクティバ

 次期型ハスラーは年内発表の2020年1月発売を予定していますので、ダイハツ新型SUVの発売とほぼ同時期になり、この2車は新車販売で激突することになります。

 なお、現行型のキャストは「スタイル」「スポーツ」を継続生産・販売して、アクティバのほうは年内いっぱいで生産中止する見込みです。

次ページは : ■ランドクルーザーなど本格クロカンは2020年5月以降もトヨタ店専売か?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ