Honda GOで青春を取り戻せ!バイクもレンタルの時代! 

 「二輪免許は持っている。限定解除まではいけなかったけど、中型バイクを所有していた。でも乗らなくなって手放してしまった」こんな元ライダーは多いのではないだろうか。

 バイクの一番の魅力は、さっとまたがればどこまでも行けて、ちょっとした路上駐車なら見逃されていたことだった。しかし、2006年の改正道路交通法が施行されると、二輪車にも厳しい駐車取り締まりが始まった。

 悪質な路上駐車問題が背景にあったとはいえ、バイク用駐車場の整備もなかなか進まない中では使い道がツーリングなどに限定されてしまい、手放すことになっても仕方ないだろう。

 とはいえ、時々無性に風を切って走りたくなることがあるのは事実! そんなかつてのライダーに送る本企画! ホンダのバイクレンタルサービスHonda GO BIKE RENTALをレポートします!

文:池之平昌信/写真:池之平昌信・和哉


■ホンダのバイクレンタルサービスを試す

Honda GO BIKE RENTALで借りたホンダ400X。オンロードだけでなくオフロードの走行性能も兼ね備えたクロスオーバーバイク。楽な姿勢で走ることができ、足つきもいい

 コロナ禍の4月、ほぼ無職状態の筆者のスマホが久しぶりに鳴った。某一般誌編集者からで、ほとぼりが冷めたらすぐにでも「河原でバーべキュー」の撮影をしたいとのこと。

 しかも、なるべく東京で、クルマやバイクを横付けしたい! と無理難題。で、その場所をロケハン(撮影の下見)せよ! とのオーダー。この時期貴重なお仕事だし、もちろん請けた。

 だが、なるべく効率よく候補地を廻りたい。季節もいいし、こんな時にバイクがあればなー。あっ! ふと、ホンダが最近始めたレンタルバイクのことを思い出した。

 早速サイトで調べてみると…簡単に車種や貸し出し店舗がでてきた。さすが世界一のオートバイメーカー直営! 50ccの原付バイクからゴールドウィング(1800cc)といった超大型バイクまで問答無用、多種多彩。

 どれがいいかなー、と迷うだけでも超絶楽しい! 実際にバイク購入となると、置き場所や価格、乗り心地と色々気になってしまうが、試しに借りるのなら遠慮はいらない。

レンタルバイクを受け取るホンダドリーム店の前に並んだレンタル車両。なんとアフリカツイン(1100cc)も!ヘルメットやバイクウェアなどもレンタルあります!

 筆者は数年前に250ccで「リターンライダー(バイクライフに復活する中高年)」となったが、夏や冬を敬遠して、乗るのは年に1~2回。

 で、結局手放してしまった。ホンダとしては「若い人にもバイクの楽しさを体験して欲しい」らしいのだが、あまりにもリターンライダーにぴったりのシステム!

 まずは調べるだけのつもりが、気が付けば検索・登録とすんなりやってしまった。レンタルがあるのは全国でなんと約240店舗! 北海道と沖縄はまだ存在しないようだが、「準備中」らしい。

 今回はあくまでも下見業務のため! と自分に言い聞かせたものの、結局以前から気になっていた、ホンダ400Xというアドベンチャー系中型車を予約。

 もしかしたら河原に入って行くことがあるかもしれないからね! うんうん。

予約はホームページで行う。400Xは24時間で13000円。オプションの車両保険が1554円でもちろん加入。ただし、未成年者を後に乗せることは不可。立ちゴケの修理も保険適用外

 レンタル車両は普段、店の「試乗車」らしく店舗によって台数も種類も違うが、運よく自宅から数キロのホンダドリーム店に見つけられた。そして……ああ、予約してから数日間のこの胸の高鳴りをどう説明したらよいだろうか。

「カッコはいいけど、400ccはデカすぎたかなー。河原ではまったりコケたらどうしよう。ちょっとした悪路も大丈夫なADV150にしておけばよかったかなー」期待と不安を抱きつつヘルメットなどの装備品をチェック。

 なお、借りる前日の13時(店が定休日の場合は前々日)まではキャンセル無料。直前には天気予報をよく確認したい!

■ホンダドリーム店でネット予約のバイクを受け取る

足つきもよく、乗りやすいホンダ400X。筆者はABS付きのオートバイなんて生まれて初めて! 当然、作動確認はできず!

 さて、いよいよ当日店舗を訪れ、手続きや説明をうける。中古バイクしか買ったことがない筆者はホンダドリーム店初体験! スタッフや新車展示バイクの多さに戸惑うが平静を装う。

 スマホでオンラインクレジットカード決済なので接触も少なく、スマートなやりとりだ。さあ、いざ出陣してみると、400Xは拍子抜けするほど乗りやすいし、コロコロンと直列2気筒の音も心地よい。

 大型バイクに見えそうなくらい立派なのにシート高も余裕(筆者身長約170cm)。やっぱ乗ってみなきゃわかんないもんだなあ、と実感。

 ところが天候が急変し、ずぶぬれになったのでロケハン中止で緊急帰宅! となったが「これも青春だな」となんだかいい気分。

 ムリせず、気分を切り替え、翌日まだ暗いうちに家を出た!だって3時に目が覚めたから~って、小学生の遠足か!

 もちろん業務はちゃんとこなしたが、朝陽に輝く400Xの美しさには息をのんだ! 24時間借りて良かった!

 そして、あっという間の青春は終わり、無事帰着。無傷・満タンで返却したので追加料金はナシ。

スーパーカブ110「天気の子」Verだと、2時間2500円~。これを借りて「バイク愛にできることはまだあるかい」とかつぶやいてみたい!

 店員さんにレンタルの評判をきくと…

「まだ始まったばっかりでこれからですね。若い人がSNS映え狙いらしくて『天気の子』のカブの予約がたくさんあったんですけど、コロナのせいでキャンセル続出で…」

 なるほどそういう需要もあんのか! おじさん驚き!

 それに外出が自由になったら、やっぱりまずはアウトドア活動だよなー、と痛感。こりゃそれに備えて今から楽しく準備しておくに限るね!

 てことで、気になった方はHonda GoのホームページへGO!

朝の3時に目が覚めて、借りたバイクで走りだす。美しい朝焼けも満喫して、24時間を目いっぱい楽しんだ!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ