クラウン ピックアップ、アバロンも生産!! トヨタ オーストラリア生産 “珍車”54年の歴史

クラウン ピックアップ、アバロンも生産!! トヨタ オーストラリア生産  “珍車”54年の歴史

 2017103日にトヨタがオーストラリアでの現地生産を終了してから約1カ月が経過。オーストラリア国内で現地生産を行う自動車メーカーは消滅したが、1963年から54年間に渡る歴史のなかで、トヨタは、日本ではお目にかかれない珍しい車を産みだしていた!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA 


豪州シェアナンバーワンはトヨタ!

 トヨタが54年に渡る生産を終了したオーストラリアでは、どんな車が売れているのか? 2017年自動車販売シェアベスト5は次のとおり。

 

 ■豪州 自動車販売台数【2017 1-9月期】

1 トヨタ/162845台(18.3%
2 マツダ/89863台(10.1%
3 ヒュンダイ/73250台(8.2%
4 ホールデン/62446台(7.0%
5 三菱/59407台(6.7%

(オーストラリア連邦自動車産業会議所データより作成)

 

 データを見てもわかるとおり、トヨタはオーストラリアでナンバー1ブランドの地位を確立しています。そのトヨタに次いで、オーストラリア唯一の独自ブランドであったホールデン(GM傘下)が、20171020日に現地での生産を終了。これでオーストラリア国内で自動車生産を行うメーカーは消滅しました。

 では、トヨタはなぜ、売れているのに現地生産をやめてしまうのでしょうか。筆者がオーストラリアを訪れた際、現地のツアーコンダクターが、こんな事を言っていました。 

 「オーストラリアは日本に比べて物価が高い。でも、スーパーの店員さん等でも、時給20豪ドルくらいもらっているので、お給料もその分高いんです」

 20豪ドルは日本円にすると1700円超。オーストラリアは人件費も物価も高い=車の製造コストも上がる。これが、各メーカーの現地生産撤退の一因となっています。

 さて、現地生産をやめたトヨタですが、54年の間に日本では見慣れない個性的な車を、オーストラリアで生産してきました。

豪州ではSUV&日本車人気高し! ランクルやRVR、RAV4などが街中を走る
豪州ではSUV&日本車人気高し! ランクルやRVR、RAV4などが街中を走る

日本じゃお目にかかれない!? オージートヨタ製の珍名車

■クラウン ピックアップ【1965-1971年】

3代目クラウンに設定されたクラウン ピックアップ
3代目クラウンに設定されたクラウン ピックアップ

 オーストラリアで生産された珍しいトヨタ車の筆頭は、「クラウン ピックアップ」。トヨペット クラウンとして販売された3代目に設定されたモデルです。

 クラウンといえば現在はセダンのみ。過去に遡ると、ワゴンのエステートが販売されていたことはあったものの、ピックアップがオーストラリアで生産されていたとは! 

■アバロン【2003-2006年】

北米、日本仕様と異なるデザインのアバロン
北米、日本仕様と異なるデザインのアバロン 

 続いては、大型FFセダンのアバロン。日本で発売されたアバロンは初代モデルで、1995年から1999年まで発売された後に絶版となりますが、主に北米向けとして、同車は2代目へモデルチェンジ。その2代目アバロンは、日本では「プロナード」という車名で売られました。

 さて、写真を見て「日本で売ってたアバロンとデザインが違う?」と思われた方はご名答。実は2代目アバロンが北米等で販売された後、初代ベースでオーストラリアオリジナルのアバロンが誕生。日本で売られていた初代モデルと若干、異なるデザインを与えられています。

 このオーストラリアオリジナルのアバロンは、1代限りとなり、これまた日本ではお目にかかれない「オーリオン」に、引き継がれる形で生産終了。

■オーリオン【2006-2017】

オーリオン。アバロン後継でV6搭載の大型FFセダン
オーリオン。アバロン後継でV6搭載の大型FFセダン

 そんなアバロンの後継モデルがオーリオン。同車はカムリベースのFFセダンで、フォード ファルコンやホールデン コモドアの対抗馬として誕生。

 大排気量好きなオージー(ファルコンやコモドアはV8エンジンを搭載)の需要に応えるべく3.5L、V6エンジンを搭載し、こちらは日本未発売モデルとなりました。

 基本はカムリながら、ドアやウインドウ等以外は独自デザインで、見た目もカムリとはかなり異なる印象に。オーリオンは、オーストラリア以外に、中国などでも生産が行われ、2012年に2代目にフルモデルチェンジ。その2代目は2017年7月に生産を終了。11年間で18万4180台を販売し、オーストラリア生産のモデルとしては、カムリ、コロナに次ぐ3番目の販売台数を残しました。

◆  ◆  ◆

 トヨタは、今後オーストラリアの現地工場を閉鎖し、2018年からは現地法人を販売会社に転換します。

 オーストラリアと言えば、日本人観光客にも人気が高い国。現地を訪れたら、こうした歴史に思いを馳せながら、街中で多く見かけるトヨタ車を眺めてみてほしい。