自宅から走行速度まで全部バレる? 愛車やレンタカーに残る危険な個人情報


 個人情報の流出が問題になる昨今、PCを廃棄する際の処分方法なども話題になっている。クルマについてはどうか。愛車を手放すことになった場合、そこに自分の痕跡がどれだけ残されて、どんなことが起こりうるか考えてみたことはあるだろうか。

 本稿では、愛車を売却したり、レンタカーを借りたりした際に、乗ったクルマに残された個人情報がどう危ないのか。そして、どうして残された痕跡を消さなければいけないのかについて、解説していこう。

文/柳川洋、写真/フォッケウルフ、メイン写真/kai-Stock.Adobe.com

【画像ギャラリー】愛車を売るとき、借りたとき、クルマに残る危険な個人情報とは?


■愛車から住所などの個人情報が特定できる場合も

 先日、筆者はTwitterを眺めていて、ある投稿に目が止まった。

「ナビの出発地履歴から、前オーナーの自宅を特定した。目的地履歴からは推しアーティストも特定できた。さらにユーザーIDみたいなものから、Twitter垢まで特定。。。我ながらストーカー気質あると思う」

 つまり、中古車を購入したら、そのクルマのカーナビに残っていた情報から、前オーナーの自宅や、好きなアーティスト、SNSのアカウントまで特定できてしまったというものだ。これだけの個人情報が洩れたら、いったいどんなことが起こり得るだろう。

 カーナビから特定した住所では、Googleのストリートビューで自宅外観の写真を見ることができる。クルマの電動シートのメモリー機能から前オーナーの体格だってわかる。好きなアーティストやSNSアカウントが特定されれば、自分が今どんな場所にいるか(出かけ先か、自宅か)がわかることだってあるだろう……。

住所さえわかってしまえば、ネット検索で自宅周辺の雰囲気や写真を誰でも見ることができてしまう

 前オーナーが女性ならストーカー被害に遭ったり、男性でも出先だとわかる投稿した直後に自宅へ空き巣に入られる可能性だってある。このような心配がまったくないとは言い切れないのだ。では、クルマを売却するときやレンタカー、カーシェアなどでクルマを借りた時、いったいどんな個人情報が残る可能性があるのか、それが悪用されるのを防ぐにはどうしたらいいのだろうか。

■電子機器にはプライバシーが詰まっている

整備記録簿を見ると前保有者の個人情報が記載されているというケースはいまだにある

 愛車を売却する際は、車検証だけではなく、整備記録簿や自賠責の保険証、車庫証明など、自分の氏名だけでなく住所などが書かれた書類を売却先に渡すことになる。

 個人情報保護法が施行されたおかげで、真っ当なディーラーや中古車買取業者は、個人情報が漏れないよう、名前や住所が出ている部分を切り取ったり、剥がせなくなるシールを貼ったりしてくれる。そのため個人情報の漏洩リスクはかつてに比べて減ったが、一部ではまだ前保有者の氏名や住所などがわかるケースも珍しくない。

 気になる人は、情報漏洩対策を業者任せにせず自分でやってもいいだろうが、より問題なのは、前述のように個人情報が電子機器に残っている場合だ。愛車のカーナビには、過去の移動履歴が残されている。登録した自宅の住所や、目的地履歴だけでなく、遊園地やホテル、レストランなどの検索履歴や、走行軌跡情報なども、機種によっては保存されている。

Bluetooth接続でスマホと愛車を接続することは簡単だが、そこには落とし穴もある

 それに加えて、カーナビにスマホを接続して使用している場合、さらに多くの個人情報が筒抜けになる。

 たとえば、ハンズフリー機能で電話を使えば、着発信した電話番号の履歴も残るし、「山田太郎のiPhone」などのように、スマホの登録名を自分の名前にしていたら、Bluetoothでペアリングしたカーナビに自分の名前が残ってしまう場合がある。

 名前が分かれば、SNSアカウントを検索され、所属先や趣味などの個人情報がさらに洩れることにもなる。

次ページは : ■レンタカーやカーシェアにも個人情報漏洩リスクが